Entertainment

娘の婚約者に恋…。秋ドラマ「黄昏流星群」の藤井流星の魅力に悶える

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ

 運命の人なんて、何歳で出会うか分からないから、怖いのだ

「黄昏流星群」(フジテレビ系)のキャッチコピーであります。これは今期ドラマ出色の文言! これ見て「せやな……」と頷くヲタがどれほどおられるか。

 だって、アラサーだのアラフォー(あるいはそれ以上)になってから年下のジャニに落ちて悶えるとか、よ~っくありますから。

 で、本ドラマでアラフィフのヒロイン・真璃子(ミポリンこと中山美穂さん)を救うのが、若き弁護士・春輝(藤井流星さん/ジャニーズWEST)なのです。

235JW 結論から言うと、本ドラマは流星ロックオンで見ましょう。理由? 大人の女に必要なのは流星だからです。以上!

ミポリン、佐々木蔵之介よりも流星を選んで!


 夫(佐々木蔵之介)とすれ違い、娘の巣立ちに切なさを抱く主婦(ミポリン)の元に颯爽と現れる美青年(流星)! その登場は、早くもロマン輝いています。

 庭で花の世話をしていて、うっかり手を切ってしまうミポリン。ふいに現れ、彼女の手をサッと掴んで水で洗う流星。迷いなく他家の敷地に入って水道を使うとか、弁護士的に大丈夫? と思わんでもないですが、まぁどうでもよろしい。

 だってまず、流星様の手が罪なほど美しいんだもの! こんな手に触れてもらえるなら、人生そこで終わっていいほどです。

「ミポリン! 佐々木蔵之介は黒木瞳に任せて、ここは流星一択だぜ!」と、クッションをぶっ叩きながら見入ってしまう私がおりました。

 このイケメン、娘のフィアンセという背徳感もまたたまりません。母親として、絶対に勝ってはいけない相手が娘で、なんとしても負けたくない相手もまた娘。ビューティフル流星は、どちらの女を選ぶでしょうか?

「とりあえず庭にバラの苗でも植えて、指ケガするとこから始めっか!」なんて、邪(よこしま)な心さえ目覚めさせるいけない流星。

 流星見たさに、夫の目を盗んでテレビを点ける――そんな人妻も激増しそうな、罪深きドラマであります。

<文/みきーる イラスト/二平瑞樹>

みきーる
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。 ●Twitterアカウント:@mikiru ●公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!
女子SPA!にコメント機能がスタートしました!
右上の「コメント」ボタンからぜひ記事の感想などをどうぞ♪
同じボタンから他の人のコメントを見ることもできます!
「いいね」ボタンもあるので、ぜひチェック♪




あなたにおすすめ