Entertainment

2018年の「最もセクシーな男性」発表。トップの黒人俳優はどんな人?

 米ピープル誌による毎年恒例の企画「最もセクシーな男性」が発表された。

 1985年にスタートし33年の歴史を持つこの企画。2015年は元サッカー選手のデヴィッド・ベッカム、2016年は俳優でプロレスラーのドウェイン・ジョンソン、昨年はカントリー歌手のブレイク・シェルトンが選ばれたが、2018年度最もセクシーな男性に選ばれたのは?


 2018年度の「最もセクシーな男性」に選ばれたのは俳優のイドリス・エルバ(46)。この栄誉に輝いたという知らせに「舞い上がった」というイドリス。今回の選出について、同誌にこう語っている。

「『まさか、有り得ないよ。本当に?』って感じだった。鏡で自分自身をチェックしたよ。『そうだな、今日のお前はセクシーかも』って言い聞かせたけどね。でも、正直に言うと、いい気分だったよ。嬉しい驚いたし、自尊心が高まったことは間違いないね」

 そんなイドリスだが、常に容姿端麗だったわけではなく、イマイチな時期もあったと謙遜している。

「とても背が高く、痩せっぽちだったんだ。それに、僕の名前はイドリッサ・アクナ・エルバだろ? ちょっとからかわれがちだった。でも髭が生えてくるとすぐに、そこらで一番クールな存在になった。髭が伸びてくる頃には、筋肉もついてきて、変な感じだった」


 またイドリスは、自信を持つだけでなく、謙虚でいることも大事だとしてこう続けている。

「アイコンタクトやシンパシーが大事なんだ。人の感情を読み取るようなものだね。自信を持つことは大事だけど、そういうのを抑えて、謙虚で落ち着いているのが良い時もあるってこと」

「人生というのは、こうすべきだったと考えることじゃない。明日は約束されていないんだから、今日を生きるという考えを皆受け入れないといけないと思うんだ。心の赴くままと同じかもしれないけど」


 エルバは今回の結果について自身のツイッターでも報告。自分を最もセクシーな男に選んでくれたことに対する感謝の気持ちをつづった上で、こんなメッセージを寄せた。

「これよりも大切なことは(アメリカの)中間選挙で投票することだ。君の1票が世の中を変えるんだよ」

 イギリス出身ながら、米の中間選挙に投票するように呼び掛けたエルバ。さすが男前!

次期007主役の呼び声高い人気実力派。モテ男としても有名


 ロンドンで生まれ育ったイドリス。父親はシエラレオネ出身、母親はガーナ出身という家庭で、家計を助けるためにナイトクラブでDJなどの仕事をしながら演劇を学んだ。

 当初は役に恵まれず、故郷を離れ渡米した。のちに「マイティ・ソー」シリーズ、「パシフィック・リム」、「アベンジャーズ」シリーズといった大作に次々と出演。英BBCのドラマ「刑事ジョン・ルーサー」では、米ゴールデン・グローブ賞の主演男優賞を受賞した。


 実はイドリス、最強のモテ男としても有名だ。結婚・離婚歴が2回、元妻や元恋人との間にできた子供が2人いる。さらにマドンナや人気モデルのナオミ・キャンベルとも浮名を流したが、今年2月に15歳近く離れた年下の恋人サブリナ・デハウアーに公開プロポーズ、婚約した。

 007の次期ジェームズ・ボンドとの呼び声も高いイドリス。本人は「世界のなかで黒人のジェームズ・ボンドをみたくないと思う人もいるだろう」と語っていたという。でも、白人イケメンがおもに名前を連ねてきた「最もセクシーな男」に今回選ばれたということは、世界も変わってきているのでは? 今後の活躍にますます期待ができそうだ。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ