Entertainment

ショーンK、初の公の場へ。トラブル後に復活できた人・できてない人6選

 11月16日、都内のホテルで行われた「アートオリンピア2019」のイベント発表会見に司会として登場したショーンKことショーン・マクアードル川上。

ショーンK公式モバイルサイト「THE SEANK FACTOR PLUS+」 http://seank.okwave.jp/free/seank_profile

ショーンK公式モバイルサイト「THE SEANK FACTOR PLUS+」 (現在は閉鎖)http://seank.okwave.jp/free/seank_profile

 2016年3月に『週刊文春』に学歴詐称(ハーバードMBA取得、米・テンプル大卒)を報じられて以来“雲隠れ”状態が続いていましたが、2年8カ月ぶりに報道陣の前に姿を見せました。

 今年元旦放送のTOKYO MXの特番に出演し、7月からは同局でレギュラー番組もスタート。復帰は着実に進んでおり、今後の動向に注目が集まっています。

 騒動を起こした後に芸能活動休止→復帰した有名人は星の数ほどいますがうまくいくとは限りません。ショーンKはどっちに転ぶのか、先人たちの成功例と、前途多難な例を見ていきましょう。

成功例1:沢尻エリカ「別に…」騒動から美貌&演技力で復活


『4MEEE Magazine Vol.2』(スタンダードマガジン)

『4MEEE Magazine Vol.2』(スタンダードマガジン)

 女優の沢尻エリカといえば2007年9月、主演映画の舞台あいさつで「別に……」を連発し、大バッシングを浴びました。さらに、ハイパーメディアクリエイターの高城剛氏との交際・結婚(2013年離婚)、ドラッグ使用疑惑などが報じられ、とうとう2009年9月に事務所をクビに。休業状態に追い込まれました。

 そこで救いの手をさしのべたのが、エイベックス。沢尻と業務提携を結び、2012年7月公開の映画『ヘルタースケルター』で、4年半ぶりに女優業に復帰させます。ところが、激しいセックスシーンなどエキセントリックな役を演じたため心身のバランスを崩したと、再び休養。復帰からわずか半年のことでした。

 しかし美貌と演技力だけは評価されてきたエリカ様なだけに、同映画で「第36回アカデミー賞主演女優賞」を受賞。2013年3月に行われた授賞式で約8カ月ぶりに公の場に登場しました。以降は順調なようで、毎年ドラマや映画のヒロインに抜てきされ、昨年は6社のCMに出演。今年は6年ぶりに主演映画も公開されており、完全復活です。

成功例2:前園真聖 泥酔して暴行事件。「ワイドナショー」で復帰



 サッカー日本代表として現役時代はブイブイいわせ、引退後は解説者として引っ張りだこだった前園真聖でしたが、2013年10月に事件は起きました。泥酔し、タクシーの運転手に暴行を働いた罪で警視庁に逮捕されたのです。被害者とはすぐに示談が成立し、翌日行われた謝罪会見では涙を浮かべ「酒は断つ」と宣言。当面の間、メディア出演を自粛することも表明しました。

 復帰のキッカケとなったのは2014年6月放送の『ワイドナショー』(フジ系)。松本人志にイジられたことでバラエティタレントとしての才能が開花し、その後はテレビ番組やイベントに出ずっぱり。6月に開催されたロシアW杯では朝から晩まで番組に出演し、その働きぶりは「MVP」と評されました。

成功例3:桃田賢斗(バドミントン日本代表)闇カジノで出場停止に。復帰し世界ランク1位


桃田賢斗

「バドミントンマガジン 2018年 09 月号」ベースボール・マガジン社

 闇カジノ通いというセンセーショナルな事件を起こしたのはバドミントン日本代表の桃田賢斗。バカラ賭博と闇スロットに手を出していたこと、スナックのママとのハレンチ写真が2016年4月に発覚。当時世界ランキング2位ながら無期限の試合出場停止処分を受け、その夏に行われたリオデジャネイロ五輪出場権を失いました。

 真っ逆さまに地に堕ちた桃田ですが、選手としては超一流。2017年5月に処分が解けると、今年9月には日本男子初の世界ランク1位に。しかし24歳という若さゆえか、世界の頂点に立って1カ月もせず、代表合宿中に美人バドミントン選手とトレーニングセンターで「密会」していたことを『週刊新潮』(10月18日号)に報じられます。ワキの甘さはなんとかしてほしいところです。

次のページ 
失敗した面々は…

1
2




あなたにおすすめ