Entertainment

ショーンK、初の公の場へ。トラブル後に復活できた人・できてない人6選

前途多難1:狩野英孝 淫行で謹慎。復帰果たすも完全回復には至らず

 2017年1月、『フライデー』に女子高生との淫行を報じられ、無期限謹慎となったお笑い芸人の狩野英孝。この数ヶ月前には「6股騒動」も起こしていただけに、さすがに世間もあきれ顔でした。  同年6月に謹慎処分が解除。これには「ちょっと早くない!?」という声もチラホラ挙がりました。9月7日放送の『アメトーーク!』(テレ朝系)で地上波復帰を果たしましたが、以前のような活躍はできていないのが現状です。今でも人目を異常に気にし、女性恐怖症に陥っているという狩野。本格復帰はいつになるやら。

前途多難2:小森純 ペニオク騒動で芸能界からフェードアウト

『小森純の自力で産後やせ』(主婦の友社)

『小森純の自力で産後やせ』(主婦の友社)

 2012年、実際には落札できず入札ごとに手数料がかかるオークションサイト・ペニーオークションをブログで宣伝し、見返りとして宣伝費をもらっていたとして複数の芸能人が謝罪に追い込まれました。この「ペニオク騒動」でもっともバッシングを受けたのが、当時ギャルモデルとして人気を誇った小森純です。  騒動により小森はテレビ界からフェードアウト。昨年9月20日に放送されたフジ系『良かれと思って!』で約5年ぶりのテレビ出演をし、所属事務所に違約金1億円が請求されたことなどを明かしました。今年11月にはテレ東のトーク番組『じっくり聞いタロウ』に出演し、テレビに出ても怖くて何を話していいかわからないと不安を吐露。歯に衣着せぬキャラだった小森はもういません。

前途多難3:板東英二 所得隠しで活動休止。復帰後もふるわず

 元プロ野球選手でタレントの板東英二に巨額脱税疑惑が持ち上がったのは2012年12月のことでした。板東の個人事務所が2005年から申告漏れしていた額は、約7500万円。架空外注などの悪質な手口で所得を隠していたとされ、事件を重く見た各テレビ局は出演予定だった番組を放送中止。レギュラーを務めていた『世界ふしぎ発見!』(TBS系)も降板することになりました。  約11カ月の活動休止を経て、2013年11月に謝罪会見を開いた板東の口から出てきたのは「20年間植毛をやっていて、カツラは経費で落ちると聞いたから植毛も落ちると思っていた」という、驚きの言い訳。2014年に吉本興業入りを発表し徐々に復帰していくと思われていましたが、いまだに禊は済んでいないのか、関東圏ではTOKYO MX以外で板東の姿を見ることは難しいのが現状です。  また、ユーチューバー「B.E.(Boild Egg)」として、動画をアップしていますが、こちらは2017年2月を最後にストップしている模様。現在78歳だけに、ここからの盛り返しは厳しそうとの意見も多いようです。 <文/女子SPA!編集部> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
女子SPA!編集部
大人女性のホンネに向き合う!をモットーに日々奮闘しています。メンバーはコチラ。twitter:@joshispa、Instagram:@joshispa
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ