Entertainment

レオ様を詐欺事件に巻き込んだ男。“ぽっちゃり富豪”はミランダの元彼

 ハリウッドの大スターでありながら、なぜかアカデミー賞で涙をのむことが多かったレオ様ことレオナルド・ディカプリオ。長い道のりをへて、映画『レヴェナント: 蘇えりし者』でアカデミー賞を授賞したときに、オスカー像を抱えスピーチするレオのなんと嬉しそうだったこと。  そんなレオが、オスカー像の返還を求められた。といっても、2016年に自らアカデミー賞を受賞したときに手に入れたものではないそうだ。それは、1954年にマーロン・ブランドが『波止場』でアカデミー主演男優賞を受賞した時のオスカー像。ある詐欺事件で裁判が行われていることから、返却しなければならないというのだが…。
レオナルド・ディカプリオ

レオナルド・ディカプリオ

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、今回返還を求められたオスカー像は、投資ファンドから巨額の不正行為を働いたとして訴えられている、マレーシア出身の資産家ジョー・ロー容疑者から贈られたもの。  2013年公開のレオ主演映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』にも出資したというロー容疑者。そのトロフィーを60万ドル(約6800万円)で落札し、パブロ・ピカソの絵画などと共にレオに贈っていたそうだ。  オスカー像は捜査後、1ドルでトロフィーを保有する権利を持っている映画芸術科学アカデミーに返却される見通しとなった。
ジョー・ロー容疑者

ジョー・ロー容疑者 ※Twitterプロフィール写真より

 ちなみにこのロー容疑者の詐欺事件で影響を受けたのはレオだけではない。人気モデルのミランダ・カーも、ロー容疑者から贈られた800万ドル(約9億円)以上のアクセサリーを米政府に引き渡すよう求められるなど、この事件に巻き込まれてしまった1人。  捜査に全面的に協力したというミランダだが、そのときに注目されたのが、ミランダとロー容疑者が過去に交際していたという噂。元夫のオーランド・ブルームや現在の夫エヴァン・スピーゲル氏を見てもわかるように、ミランダはかなりのイケメン好き。なのに一体どうした?!と、ロー容疑者の写真を見てアゼンとしたという声も…。事件そのものよりも、ミランダの恋愛事情に関心が集まる形となってしまった。

21歳の恋人にゾッコンのレオ様。ついに結婚か?!

 一方、今年に入りモデルとのデート現場がたびたび目撃されているレオ。モデル好きで知られるレオだが、またしても美しいモデルの彼女と交際し、私生活は順調そのもののようだ。  今回のお相手は、モデル・女優のカミラ・モローン。まだ21歳ながら、その美ボディとエキゾティックな美しさにレオもメロメロとのこと。2人は、名優アル・パチーノの元パートナーだったカミラの母親を通じ、以前から知り合いだったという。
 これまで恋人とのラブラブショットを見せることが少なかったレオだが、カミラとは俳優仲間のパーティにカップルで参加したり、リゾート地で共にバカンスを過ごしたり、ずいぶんとオープンな様子。それだけに今回は「真剣な交際」と報じられている。   2人の交際について関係者はこう話している。 「彼もずいぶん大人になり、長い目で見ています」  結婚などについてはまだ全く話題に出ていないというものの、互いに交際が発展している状況に満足しているようで、別の関係者は「カミラとのことはとても真剣に捉えていて、付き合い始めてからもしばらく経ちますが、結婚の話はまだありません」と話した。  レオはカミラとの歳の差を十分に自覚しているため、あまり多くは求めないようにしているようで、交際の進展についてはあまり深く考えないようにしていると言われている。  年の差婚がはやっている昨今。つい先日も、52歳年下彼女との交際・破局でミック・ジャガーが注目されたが、独身貴族レオ様の恋はどうなる?!  マーロン・ブランドのオスカー像は手放すことになってしまったレオだが、結婚してカミラという美しき宝を手に入れることになるのか。続報に期待したい。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ