Love

「やっちまった…!」46歳・婚活女性が、3つの失敗を顔出しで語ります

黄色いビーズとウエディング 40代半ばで「婚活中でーす」とはあまり言いたくないのが人情ですが、その痛い一部始終を、実名・顔出しで公(おおやけ)にしてしまった女性がいます。

40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』(小学館)を上梓した、Webサイト「OTONA SALONE」編集長の浅見悦子さん・46歳。「OTONA SALONE」でのセキララ連載を本にしたものです。

 副題に「婚活して初めて気づいた、人生において大切な17のこと」とあるように、読んでみると、「結婚すべき」「男のニーズに合わせろ」って話では全然なく、婚活も自分を見つめ直す旅なのだなーと感じます。

 そこで「反面教師」として、婚活中に「やらかしちまった」3つの失敗を教えてもらいました(以下、浅見さんの寄稿)

浅見悦子

浅見悦子さん

46歳、仕事を頑張ってたら「恋人いない歴9年」に


 誰しも失敗はつきものです。ましてや、慣れていないことに関しては。46歳・未婚・独身・恋人いない歴9年、OTONA SALONE編集長の浅見悦子と申します。婚活歴2年以上になりますが、いまだにゴールは見えません。

 恋人いない歴が長すぎて、男女のコミュニケーションの機微を忘れた私が、2年の婚活を振り返って「やっちまったな」と痛感する3つのことを紹介したいと思います。よいこのみなさんはマネをしないでくださいませ…。

1.初デートで男性にお説教しちゃった


 初めて参加した婚活パーティで連絡先を聞いてくれた3歳年下の男性。有名コンサルタント会社に勤務しているハイスペック男子でした。ちょっと上から目線っぽい発言が気になりつつも、とりあえず連絡先は交換してみました。

 途中なんやかんやあって初デートを迎えたわけですが、そこで私はやっちまいました。なんと初デートで男性を説教したのです。

 説教スイッチが入ってしまった理由はいろいろあるのですが、彼の婚活パーティでの発言にダメ出し。好みの女性のタイプにダメ出し。初デートの決め方にダメ出し。しかも感情的ではなくスキなしの正論で説教をしてしまったのです。男性はただただ委縮するだけ……。当然、その後フラれたわけですけれど。

 理由があったとはいえ、初デートの相手に説教をしてはいけません。特に、理路整然とした正論で責めてはいけないのです。たとえ相手に非があるにしても、少しは弁解の余地を与えてこちらにも非があるとする。それが「女の器」なのかもしれません。

説教

2.どストレートな言葉でホンネを言っちゃった


 3人目の婚活デート相手は55歳の会社経営者の男性。ダンディなおじさまは予約のとれない鍋の名店をデート場所に選んでくれました。さすが亀の甲より年の功、女性がよろこぶツボを心得ていらっしゃる。

 美味しく楽しく過ごしたのだけれど、帰るタイミングで席を外した男性が戻ってきました。そこでフッと感じたのがタバコのにおい。私、実はものすごくにおいに敏感なほうで、タバコのにおいは苦手なのです。それがわかった段階から、この男性はないかもと思い始めていました。

 次のデートに誘われたけれど、気乗りがしないのでレスを放置。すると数日後、催促のメッセージがきました。やんわりお誘いを断ると、「なんで」「どうして」の嵐! 最初は婉曲な表現をしていたのだけれど、あまりにしつこいので、どストレートな言葉で断りました。すると相手からは、とんでもない衝撃のキメ台詞がやってきて……!

 断りの理由を「正直に言って」とどれだけ言われても、真っ正直に答えてしまってはいけません。オブラートにつつむことも大事。婚活においても円滑なコミュニケーションの方法です。

ざんねんな婚活
次のページ 
すぐ白黒つけたがるクセ

1
2




あなたにおすすめ