Fashion

中古の「靴」には要注意。買ってすぐバラバラに壊れ、裸足で涙目に…

靴の状態はとにかく触って試着して確認!


 実は、過去にも別のお店でブーツを購入して失敗した経験があるので、古着屋で靴を買うときは必ずお店で試着して問題ないか確認をしていました。それでも、なおこういう事態になってしまうことがあるというのは、古着、中古品の最大のデメリットです。

古着屋/サンダル/中古品/確認 お店で購入する際は、まずくまなく状態をチェックすることをオススメします。とくに靴底ですね。古い靴は劣化しやすく、負荷をかけるとすぐ壊れてしまう可能性があります。試し履きをして店内を歩きましょう。履き心地に違和感か、安定感が保たれているかまで確認すると良いです。また、メルカリなどのフリマアプリで中古品を購入する場合は試し履きができないので、商品の状態に加えてサイズが合わなかったという失敗を多く招きやすいです。

 こうした失敗を招かないために、出品者にコメントで商品の状態、サイズ感、耐久性などを詳しく聞いた上で購入するかどうか検討を。初めから商品紹介に、出品理由やいつ頃購入したものか、保存状態まで詳しく書かれている商品は出品者さんがしっかりした方なので、安心した取引ができます。

 こんな失敗を経験するたびに「もう二度と古着屋で靴は買わない!」と、いつも心に決めるのですが、それでもたまに、手を伸ばしたくなる可愛い靴に出会います。そんな時は、入念に靴をチェックし、すぐに壊れるリスクを覚悟した上でお買い物をする! その覚悟を持てない程度の靴ならば、たとえお買い得でも中古品は買わないというマイルールを決めました。皆さんも、もし古着屋さんやヴィンテージショップで素敵な靴に出会ったら、それなりのリスクも前提とした上で、後悔のないお買い物を楽しんでくださいね。

<文&イラスト/角 侑子>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

角 侑子
(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105
1
2




あなたにおすすめ