Love

竹内涼真似のハイスペ彼氏、実は度を越したあるマニアだった…

 ハイスペックでルックスも自分の好みにぴったりな男性だからといって、その生活スタイルまで自分と合うとは限らないもの。
ハイスペエリート男性、スーツ

写真はイメージです(以下同じ)

 彼氏との関係で悩んでいることがあると語るのは、都内でWEBサービスの企画営業をしているE花さん(27)。ふとした偶然で知り合った同い年のイケメン会社員・Wさんと付き合い出して半年ほどになるそうです。

スマホを拾ってくれた竹内涼真似“理想の男性”に告白したら…

「彼との出会いは、私がスマホを電車で落としてしまったことから始まりました。彼が拾って交番に届けようとしたタイミングで私が自分の番号にかけたら、とっさに出てしまったみたいで。  交番に引き渡すより手っ取り早いので、そのまま通話して待ち合わせてスマホを受け取ったんです」  Wさんとの初対面のトキメキを、E花さんは未だに覚えているといいます。俳優の竹内涼真と良く似た、子犬のような可愛らしい顔立ちに180cm近い高身長。着ているスーツもセンスが良く、これぞE花さんの理想の男性といったルックスで一気に舞い上がってしまったとか。
竹内涼真写真集「Ryoma Takeuchi」マガジンハウス

竹内涼真写真集「Ryoma Takeuchi」マガジンハウス

「すぐに連絡先を交換して、必死にアタックしました(笑)。ラッキーなことに彼もその時はフリーで気になる女の子も居ない様子で。お酒を飲まないという彼に合わせてランチに誘ったり、美味しいスイーツを食べに行ったりというデートを重ねて私の方から告白しました」  E花さんからの言葉にWさんはとても嬉しそうだったと言います。ところが、彼は予想に反して付き合うことに難色を示しました。“僕の生活スタイルは少し変わっているから、君に付き合わせるのは悪い”と。  けれども、そう言われてもE花さんは引くつもりなど全くありませんでした。 「『大丈夫! あなたのことなら何でも受け止める!』と豪語した私の真剣さに心がゆらいだのか、彼はどうにか恋人になることを受け入れてくれました。私はもう有頂天で、毎日本当に幸せだったんです。でもそれは互いの家を行き来するようになるまでのことでした……」

極端な健康マニアだった

 外でデートをしている時には全く知らなかったこと。それは、彼が極端な健康マニアだったことでした。  健康に良いとされるものに関しては試してみないと気が済まないらしく、ちょうど付き合い始めた時には『全裸健康法』にハマっていたそうです。 「彼の家でも私の家でも、常に全裸。好きな人だしイイ体はしているので目の毒ではないのですが、ごはん食べる時もイチャついてる時も全裸だと、何かちょっと萎えますよね(笑)」  それ以降も彼の行動はエスカレートしていきます。全裸になりすぎて酷い風邪を引いてしまい、この健康法は失敗。 裸健康法、マッチョ男性 ですがまた、Wさんはすぐに次の健康法を試し始めました。今度は『飲尿療法』です。 「彼の場合は、朝いちばんにしたおしっこを飲むというやり方をしていました。お泊りをした翌朝、彼はトイレにこもって、いつもおしっこを飲んでました。口はちゃんとススいでくれてたみたいですが、その直後に『おはようのキス』をされるのは正直、かなりキツかった……」
次のページ 
断食にハマった彼は…
1
2




あなたにおすすめ