Entertainment

花田優一「俺はゴミかカスか」の真意/大貫亜美、寂聴になつく<今週の見逃しニュース>

 年明け一発目の、どうでもいい芸能ニュースです。

 今年も、小粒ながらもピリリとスパイスの効いたネタを集めていきたいと思います。さっそく振り返っていきましょう。

①大貫亜美、昨年は「信頼できる人がいなくなり…」


日刊スポーツ 1/6(日)ほか


 PUFFYの大貫亜美(45)が5日に更新した自身のインスタグラムで、人間関係の悩みを打ち明けました。

 友人を介して会ったという瀬戸内寂聴(96)とのツーショット写真に、「去年は親友と呼べる人と信頼できる人がいっぺんにいなくなり」とつづっていました。亜美さんが困っているときに、それまで助けてきたと思っていた人たちに支えてもらえなかったらしいのです。

 それでも、寂聴さんと話したことで、いくらか心もスッキリした様子。とりあえず、カニ食べ行こう。

②花田優一「俺は何者なんだ ゴミか カスか」の真意について回答


スポーツ報知 1/7(月)ほか


 昨年末から何かと話題の、元貴乃花親方(46)の長男で靴職人の花田優一(23)。

 特にネットがざわついたのは、あるテレビ番組が取材した際に工房の壁に書いてあった「俺は何者なんだ ゴミか カスか 死にたいなら 死ね」という文章でした。

 これについて、7日放送の『ミヤネ屋』(日テレ系)で本人の口から真意が明らかになりました。優一さんいわく、「芸術作品を作る上で、ある意味 狂気じみた境地も必要だと思っています」とのこと。決して酔っ払った勢いとかじゃないそうです。

 それならば、注文の納期も狂気じみた境地で守ってほしいものですね。

③西川貴教タバコ臭車「運転手が吸うてどうすんねん」


日刊スポーツ 1/10(木)ほか


 T.M.Revolutionの西川貴教(48)が9日に更新したツイッターで、タバコ臭いタクシーに物申していました。オリンピックや万博で禁煙エリアが広がるこのご時世で、「運転手が吸うてどうすんねん!」というわけ。

 これは一理ありますよね。ここは「Hot Limit」のMVでおなじみの扇風機で、煙を送り返してやったらどうでしょう?


次のページ 
織田裕二のおかげで乳ガン発見?

1
2




あなたにおすすめ