Lifestyle

彼氏が名前を呼んでくれない…。レスカップルのスキンシップって難しい

おおしまりえの 目指せ!デキたら婚

 恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。

 結婚にはあまり興味はないけれど子どもは欲しい! そんな希望から、パートナーの仏くんと、独身のうちから妊活と結婚について考え始めるお話です。

<前回までのあらすじ>
気づけば子どもが欲しいという妊活熱が下がっているおおしま。そもそも付き合いが長くなりレス気味な毎日ですが、30数年レスではないと豪語する50代男性に秘訣を教えてもらい、俄然身が引き締まる気がします。

デキたら婚

好きを伝える難しさ


 好きを伝えていく。みなさん、普段から意識してやっていますか?

 たとえば手をつなぐとか。普段から手をつなぐ人は、行ってきますのチューとか。はたまたそれもしているという人は、普段からもっとベタベタするとか。

 ああ、書いているだけで恥ずかしい。実は私、あんまりできていません。そもそも恋人に限らず、他人に「好き」という言葉を発するのが苦手な奥手女子です。それは仏くんも然りで、そういえば好きもそうだし、久しく名前で呼ばれたことがありません。

「レス改善はスキンシップと愛情表現」と学んだため、早速日常で活かそうと思うのですが、これがなかなか悪戦苦闘です。

お願い、名前で呼んで!


 そもそも、愛情表現の第一歩って、名前を呼び合うことではないでしょうか。

 結婚し子どもが生まれると、「パパ」「ママ」と呼び合うし、結婚してなくても付き合いが長いと「ねえ!」とか「あのさー」で相手を呼びつけがちです。

 かくいう我が家も、私は相手のことをあだ名で呼びますが、仏くんは私を「ちょっと」とか「ねえ」と呼ぶ始末。名前で呼べと怒ると「おばさん(これはやめてもらいました)」とか「お嬢さん」と、照れなのか名前以外の名称を使います。

 やっぱり好きな人には名前で呼んで欲しい! そう思い、事あるごとにお願いしますが、これがなかなか難しい。

「ねね、私のこと、名前で呼んでよ」
「んー……」
「ねえ!」
「わかったよ(と言って呼ばない)」

すれ違い ちなみに「好き」という言葉もチャレンジしたのですが、これもなかなか進まない。

「ねえ、私のこと好きって言って」
「はいはい嫌い嫌い(と、からかってどこかへ行ってしまう)」
「ねえ私のこと好き?」
「どうしたの? 熱あるの?」

 ええ、もう頭の中は羞恥心で沸騰寸前です。

 そんなわけで、今も名前呼んでもらおうキャンペーンの真っ只中です。

次のページ 
スキンシップを増やしたら何かを疑われる

1
2




あなたにおすすめ