Lifestyle

家出した夫を尾行したら…不倫相手だった“若い女”の正体にア然

「結婚して18年たつ夫が、ふと気づいたら帰ってこなくなっていた。こんな話を聞いて、不思議やらおかしいやら」と語るのは、不倫事情を長年取材し著書多数のライター・亀山早苗さん。不可解な夫の行動、その結末を、亀山さんがレポートします。(以下、亀山さんの寄稿)

いつしか帰って来なくなった夫

「そもそも、夫はもともと毎日きっちり帰ってくる生活を送っていたわけではないんですよ」
失踪夫

写真はイメージです(以下同じ)

 当事者のリョウコさん(49歳)は、そう言って苦笑した。3歳年上のサラリーマンの夫が知人と一緒に起業したのは8年前。「これが最後のチャンスだから」と説得され、渋々ながら了解した。それからの夫は仕事三昧で、たびたび会社に泊まっていたという。 「夜食を持っていったこともあるんですよ。同僚とふたり、深刻な顔でパソコンに向かって仕事をしていました。それでもふたりとも明るかった。自分たちのやることを信じている。きっといつか結果が出ると信じていたんです」  リョウコさんも仕事をしており、一緒に子育てもしてきたのに、夫だけ子育てを離脱したようにも感じていた。当時、子どもたちは9歳と6歳。しかたなく、義母や親戚の高校生の女の子などに助けを求め、夕方から家に来てもらってしのいでいた。 「ここ1、2年でしょうか、ようやく夫も少しラクになったみたいで、よほどのことがない限りは家で家族一緒に食事をとることもできるようになりました。ところが3ヶ月ほど前から、またたびたび会社に泊まることが増えたんです」 夫婦 それでも信じてはいたが、昨年末からは会社に泊まるほうが多くなり、週に2回くらいしか帰宅しなくなった。 「なんだかヘンだなと思っていたら、中学生の次女が『今年に入ってから、お父さんに会ってない』と。いや、お正月にはいたから正確には4日以降ですね。それで1月半ばくらいに夫のクローゼットを見たら、ほとんど冬物の洋服がないんです」  知らないうちに、夫は家出をしていたのだ。

夫を職場から尾行して、行き先を突き止める

 リョウコさんは、そのとき本音として「めんどうだな」と思ったという。このまま放っておいてもいいかと思ったが、次女は父親に会いたい様子。 「しかたないから、会社から帰る夫を尾行しましたよ。探偵さんを頼めるほど経済的に余裕があるわけでもないので。すると夫は18時半ころ会社のあるビルを出て、すぐに電車に乗り込みました。我が家とは正反対の方角。電車の中ではせっせとSNSかなんかで連絡をとっているようで、ときおりにやにやしていました。いい年して何をやってるんだかと呆れましたね」
次のページ 
夫の行き先は……
1
2
3
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ