Lifestyle

台所スポンジは菌でいっぱい…。泡やレンジでは消毒できないの?

大切なのは「菌を増やさない」心がけ

――しっかり殺菌できている自信がありません……。 松本「“菌を増やさない”ことさえ気を付ければ、そんなに神経質になる必要はありませんよ。食中毒を起こす菌も、本来は人間の体を守ってくれている常在菌です。それが爆発的に増えてしまうと悪さをするので、汚れが残った状態や湿ったままで放置しないなど、菌が増えにくい環境を意識すればいいんです。  何でもかんでも殺菌して必要な菌まで殺してしまうと、今度は人間の免疫力が落ちてしまうので、それはそれでよくありません。菌も”量のバランス“が大切なんですよ」 洗い物――そのほかに気を付けることなどはありますか? 松本「『手洗い』です。たとえ食器スポンジや布巾に大量の菌が着いていても、その菌が自ら人間の口に飛び込んでくるわけではありません。それらに触れた手で料理や食事をしたり、口や鼻などに触れたりしてしまうから、体に入るんです。  無意識に触れていることも多いので、調理や食事の前だけでなく、キッチン掃除の最後も石鹸でしっかり手を洗い、清潔なタオルで拭くようにしてください」 ―松本忠男さんに聞く健康掃除のコツ vol.4― 【松本忠男】 東京ディズニーランドの開園時の正社員、ダスキンヘルスケアを経て、亀田総合病院のグループ会社に転職。清掃管理者として約10年間、現場のマネジメントや営業に従事。1997年、医療関連サービスのトータルマネジメントを事業目的として、株式会社プラナを設立。日本ヘルスケアクリーニング協会代表理事。亀田総合病院では100人近く、横浜市立市民病院では約40人のスタッフを指導し、現場で体得したコツやノウハウを、医療、介護施設、清掃会社に提供している。 <取材・文/千葉こころ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
千葉こころ
ビールと映画とMr.Childrenをこよなく愛し、何事も楽しむことをモットーに徒然滑走中。恋愛や不倫に関する取材ではいつしか真剣相談になっていることも多い、人生経験だけは豊富なアラフォーフリーライター。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ