Love

坂口健太郎似の東大生にママ活アプリで誘われた40歳女性…どうなった?

 最近聞くようになった言葉“ママ活”。パパ活にくらべれば、ごく限られた人々が行っているのかと思いきや、ママ活男子と女性が出会うための専用アプリまであるようです。

ママ活

写真はイメージです

 女性ライターM(40歳・独身)がさっそく取材してみました。はたして彼らは一体何を考えてママ活しているのか……!?

坂口健太郎似のイケメン東大生と食事に高まる期待


 ママ活アプリで何人かとマッチングしメッセージをやり取りし、恋人と別れた時期が偶然筆者と同じで、なんとなく話も合い、「会ってみませんか?」と誘ってきた坂口健太郎に激似プロフィール写真のイケメン東大生(3年生・22歳)と食事をすることになりました。

 そうです。そのアプリは東大・京大・東工大・早稲田に慶應と、優秀な大学の子たちが大多数なのです。

坂口健太郎

「Men’s NONNO 2018年 04 月号 」集英社

 その彼はあまりお酒が強くないとのことでしたが、お刺身やお酒の肴系が好きとのことで、手頃で美味しい魚系の居酒屋を予約しました。そして、金曜日の20時、渋谷の待ち合わせ場所へ鼻息荒く向かって行った筆者。

「40歳の中年の私と22歳のキラキラの大学生(しかも坂口健太郎似)が一緒にいて許されるものか……!?」

 なんて心配もつかの間、待ち合わせ場所に現れた彼は、プロフィール写真とは全然違い、色黒で永山絢斗をおとなしくさせたような感じで服装も地味め、坂口健太郎のような爽やかさと透明感は皆無でした。


「やられた……盛り盛りプロフィール詐欺だ~!」と心で叫びつつ、自分のタイプではなかったものの、それでもイケメンには間違いないからまぁいいかと気を取り直し、ママ活スタート!

 お酒が弱いという彼は甘めの弱いカクテル・筆者はビールに焼酎と、男女逆転したお酒を飲み進めつつ、地味版永山絢斗系の彼にママ活アプリをする理由を聞くと……。

お金欲しさではなく「できれば恋愛に発展したらいいな」


「歳下と同学年としか付き合ったことないんですが、全然上手くいかなくて、自分には歳上の女性が合うんじゃないかと思って。でも歳上の女性と知り合う機会がないから始めてみました」

 Twitterの広告でこのアプリを知り、なんとなく始めてみたという彼。ママ活ならお小遣い目当てなんじゃないの? と本音をズバリ聞いてみると。

「お小遣い目当てではないです。今度4年になるので、就活中ではあるんですけど、彼女もいないし、寒くなってきて人肌恋しくて寂しくて……、歳上の女性に甘えてみたいというか、色々教えて欲しいというか、できれば恋愛に発展したらいいなと思っています」

 と、まさかの答えが!

恋する男性

写真はイメージです(以下同じ)

 お小遣いやら、一線を超える関係やら求めてくると、いかがわしいことばかり考えていた筆者、一気に身をつまされる気分に。

「でも僕、昔から老け顔だし、大人の女性から可愛がられるタイプじゃないみたいです(笑)」

 そう言ってクシャッとはにかむ顔はとても可愛らしかったですが、安定志向で公務員になりたくて就活中だという彼は、ピチピチの22歳の割には、見た目も話し方も落ち着いていて、20代後半にもみえます。そんな彼の日常を聞いてみたところ…。

次のページ 
「お小遣いはあげないけどホテルに誘ったら来るの?」との問いに彼は…

1
2




あなたにおすすめ