Entertainment

『3年A組』は女子同士の“百合”要素が話題に…BLドラマの次に百合が来る?

 2018年度の流行語大賞トップテンに選ばれるなど、昨年一大ムーブメントを起こしたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。続編の製作が発表されるなど、その人気の勢いはいまだ衰えていません。
きのう何食べた?

ドラマ版『きのう何食べた?』

 また、4月より放送予定のドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)は、ゲイカップルの家ごはんを通して男2人の関係を描くもの。よしながふみによる同名漫画が、西島秀俊と内野聖陽でドラマ化されます。  2020年公開予定の映画『窮鼠はチーズの夢を見る』は、水城せとなによる同名漫画が原作。ノンケの既婚サラリーマン(関ジャニ∞の大倉忠義)と、彼を想う後輩男性(成田凌)とのラブストーリーです。  このように、『おっさんずラブ』の成功が呼び水となったのか、男性同士の恋愛、いわゆるBLもののドラマの製作が発表され、多くのファンたちの話題の的になっています。

画期的だった『おっさんずラブ』の成功

 かつて同性愛者を主人公にした映像作品は、作品として素晴らしいものはあるものの、その主題に真正面から向き合う作品が多く、重さや拒否感をおぼえてしまうという声が大半でした。  そのため、大手テレビ局のドラマ企画会議では原作がBLというだけで作品の良し悪し関係なくはじかれていたそうです。それは、「多くの人が視聴する地上波テレビで、マイノリティを主人公にしたものに多くの共感は得られない」という、上層部からの声からでした。  ところが、『おっさんずラブ』は、同性同士の恋愛は描いているものの、従来のような重いテーマ性はなく、ライトなラブコメになっています。まさにそれが勝因で、表には出ないものの一定の需要があるBLファンの心を掴み、世間まで巻き込んだのでした。
 一方で『おっさんずラブ』は、BLファンや女性からは人気があるものの、同性愛当事者たちからは「描き方がモヤモヤする」「バカにされているようだ」という意見もあります。筆者自身も、パイロット版のスペシャルドラマを見た時は、「果たしてこの表現はいいのだろうか」と多少とまどったことを覚えています。  でも、『おっさんずラブ』がヒットし世間の心を掴んだことで、それを入り口としてLGBTに関する認識も一般的に広がっていることは否めません。  市民権を得たとまでは言えませんが、「男女いりまじっての真剣恋愛に、国会議員による『LGBTは生産性がない』の妄言は完全に霞んでくる。」という、流行語大賞の『おっさんずラブ』選評にもあるように、『おっさんずラブ』の前と後では、世間の空気がほんのり変わってきたように感じます。
次のページ 
次は百合ブーム?女子同士のやりとりが話題に
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ