Fashion

ビッグサイズの流行はまだまだ続く。次はシャツをワンサイズ上か、メンズを選んで

ビッグシルエットのボトムをわざと合わせて

 ビッグシャツが見つかったら、次には合わせるボトムです。  ビッグシルエットのトップスにビッグシルエットのボトムをわざと合わせてくるのが今の気分です。スカートだったら、ロングで分量が多いものを、パンツだったら、ワイドシルエットで、リラックス感溢れるゆったりしたものを合わせましょう。
ビッグシャツ

ビッグシルエットのトップスに、ビッグシルエットのボトムをわざと合わせてくるのが今の気分 ※画像:WEAR

 ジル・サンダーを気取るなら、色もミニマムにしましょう。グラデーション、またはトップスとボトムスを同じ色にするといいでしょう。
ビッグシャツ

グラデーション、またはトップスとボトムスを同じ色にするなど、色もミニマムに ※画像:WEAR

コレクション動画を見て、今の時代のシルエットに目を慣らせて

 流行とは前の時代の流れの否定です。ですから、若い人はこれまでこんな組み合わせはしたことがないのではないでしょうか。  新しい組み合わせはなかなかなじまず、本当にこれでいいのか判断しかねるのではないかと思います。そんなときは、実際に自分が着て外に出る前に、ジル・サンダーのコレクション動画を見て、今の時代のシルエットに目を慣らせるといいでしょう。  コレクションを通して見れば、どんな感じが今いいのか、徐々にわかってきます。  流行が変化することは避けられません。なぜならそれこそがファッションだからです。  ワードローブをたくさん持っていると、この変化に追いつくことができません。すべてのものを毎年取り換えるのは金銭的にも不可能ですし、現在の主な潮流であるエコロジーやサステナビリティ(持続可能性)の考え方にも反します。  多くの人が考えているほどに、数の多さは「おしゃれさ」には比例しません。流行を敏感に取り入れるためにも、安いものを大量に買って、大量に保持し、身動きがとれなくなるサイクルにはまらないように注意しましょう。 <文/小林直子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
小林直子
ファッション・ブロガー。大手ブランドのパターンナー、大手アパレルの企画室を経て独立。現在、ファッション・レッスンなどの開催や、ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』などで活躍中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』は発売即重版に
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ