Lifestyle

トイレで病気に感染する意外なきっかけ。やってはいけない掃除方法とは

――掃除のたびにブラシを消毒するのも大変です。何かいい方法はありますか? 松本「私は、ブラシにビニール袋をかぶせて掃除をしていますよ。そうすればブラシは汚れませんし、掃除のあとはビニール袋をひっくり返して捨てるだけ。掃除中、ブラシの毛で水が跳ねるリスクを抑えられるというメリットもあります。あとは、アルミホイルでブラシを自作するのもおすすめです」 トイレ――アルミホイルでブラシを作るんですか!? 松本「アルミホイルをグチャグチャっとして凹凸をつけ、菜箸(さいばし)ほどの長さがある棒に、棒が水に濡れないくらいの長さまで巻きつけて輪ゴムで止めたものを、ブラシとして使うんです。  掃除のあとはアルミホイルを捨てるだけなのでリーズナブルだし、ブラシでは掃除しづらい縁の形状に合わせるなど、掃除しやすいカタチにもできるので、案外ブラシより掃除しやすかったりするんです(笑)。アルミホイルのブラシの上からビニール袋をかぶせれば繰り返し使えるので、毎回作る手間も省けますよ」  衛生面が気になる場所だけに、掃除法にも気を配りたい「トイレ」。掃除用ブラシが、ビニール袋やアルミホイルなどでリーズナブルかつ衛生的に管理できるのも素敵なアイデアでしたね。次回はどんな驚きのテクニックが聞けるのか!? ついおっくうに感じてしまう「お風呂掃除」について聞いてみようと思います。 ―松本忠男さんに聞く健康掃除のコツ vol.5― 【松本忠男】 東京ディズニーランドの開園時の正社員、ダスキンヘルスケアを経て、亀田総合病院のグループ会社に転職。清掃管理者として約10年間、現場のマネジメントや営業に従事。1997年、医療関連サービスのトータルマネジメントを事業目的として、株式会社プラナを設立。日本ヘルスケアクリーニング協会代表理事。亀田総合病院では100人近く、横浜市立市民病院では約40人のスタッフを指導し、現場で体得したコツやノウハウを、医療、介護施設、清掃会社に提供している。 <取材・文/千葉こころ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
千葉こころ
ビールと映画とMr.Childrenをこよなく愛し、何事も楽しむことをモットーに徒然滑走中。恋愛や不倫に関する取材ではいつしか真剣相談になっていることも多い、人生経験だけは豊富なアラフォーフリーライター。
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ