Lifestyle
Love

ミドル世代の男女4人で“家族”に。女性2人と同時恋愛でもモメない理由

離婚と結婚と再婚と…それでも家族は仲良し!

「聡の『結婚がしたい!』という感覚は、至極(しごく)当然だと思います。僕はやす子と結婚していましたが、2年ほど前から真弓というパートナーがいました。そのため聡には『やす子とは離婚後も普通に遊ぶし、交友関係を持つ』という条件などを男2人で話し合い、夫のポジションを譲ることにしました」 結婚 こうして山田さんはやす子さんと離婚。やす子さんと聡さんは結婚するわけですが、なんと山田さんの住むマンションの隣室がタイミングよく空き、夫婦はそこで新婚生活をスタートさせます。

そして“6人家族”になるまで…

 少し時間軸が前後しますが、やす子さんと離婚する2年ほど前、山田さんは現在のパートナーである真弓さんと出会います。 「彼女はSMという性的嗜好が合っている人であり、僕の恋人です。そのため関係が始まってすぐ、今の家族の事情は真弓に話しました。でも最初は全く理解されませんでした。やす子と初めて会うという日も、僕と真弓は大喧嘩。真弓はやす子に会いたくないの一点張りで、当時は本当に大変でした」 SM 真弓さんが混乱する気持ちは当然のような気もしますが、山田さんには確固たるルールがありました。それは「全員納得しないとダメ!」「付き合うなら一生付き合うと思って向き合う」というもの。そのため真弓さんにはやす子さんにも会って欲しかったし、1回説明してダメでも、じっくり時間をかけて理解を深めてもらいたかったそうです。 「最初は真弓もしぶしぶ…という感じで、この関係を受け入れていました。でもやす子と聡が結婚し、僕の部屋から出ていった頃を境に、真弓の中でも整理ができてきたのか、だんだんやす子や聡への壁もなくなっていき、この関係を受け入れていったように思います」  真弓さんが加わって約7年。現在は男女4人+飼い猫2匹の“6人家族”として関係は安定しているといいます。
次のページ 
複雑な関係だからこそ。理想の家族でいるために必要なこと
1
2
3
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ