Lifestyle

花粉症のツラい鼻づまりに効くヨガポーズ2つ。口呼吸から開放されよう

 こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。  今年も花粉症の方にとって悩ましい季節がやってきましたね。「鼻が詰まって呼吸が苦しい」「視界がぼんやりする」となると、仕事にも家事にも集中できないし、プライベートでも楽しみが半減してしまいます。  そこで試してみてもらいたいのが、次のヨガポーズです。

立位前屈のポーズ

「立位前屈のポーズ」はその名前から想像できるとおり、立った姿勢で上体を前に倒すポーズです。個人差はありますが、頭を下に向けることで頭部の血流が促され、花粉症による鼻詰まりの症状を改善する効果に期待されます。  また、顔の血流もよくなることでむくみの改善、美肌効果も得られると言われているので、試してみて損はありませんよ。 <ポーズ・プロセス> 1. 足を揃えて立つ 2. 息を吐きながら上体を前に倒す 3. 背筋を伸ばして頭頂部が下を向くようにし、呼吸を繰り返す(5~10回ほど) ※手が床につかない方は、膝を曲げてもよい 花粉症を緩和するヨガ、立位前屈のポーズ1 4. 息を吸いながら上体を起こす

ウサギのポーズ

 頭頂部にある“百会(ひゃくえ)”というツボを床について刺激する「ウサギのポーズ」もまた、頭を下に向けるポーズ。鼻詰まりの苦しさを感じるときにオススメのポーズです。 <ポーズ・プロセス> 1. 床に正座の姿勢で座り、両手を体の前につく 花粉症を緩和するヨガ、ウサギのポーズ1 2. 上体を前に倒して額を床につけ、お尻を持ち上げて頭頂部に体重を乗せていく 花粉症を緩和するヨガ、ウサギのポーズ3 ※額に体重が乗った状態は首を痛める恐れがあるので気を付ける 花粉症を緩和するヨガ、ウサギのポーズ2 3. 体のうしろで手を組み、両腕を天井に向けて持ち上げたら呼吸を5回 ※首は動かさずに安定させる 花粉症を緩和するヨガ、ウサギのポーズ4 4. 頭の横に両手をつき、ゆっくりと上体を起こす  ポーズを取るのが難しい方は、2の姿勢でキープしてもよいです。  体を軽く動かすことで、鼻だけでなく気分もスッキリしてくるのではないでしょうか? 花粉症の方もそうでない方もぜひ試してみてくださいね。 <文/高木沙織> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
高木沙織
美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog、Instagram:@saori_takagi
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ