Lifestyle

会社員から漫画家に転身したけど…「卵がたまの贅沢」という32歳女性の貧困

診断は軽度の鬱病。でも後悔はしていない

漫画家 すると、快く仕事をもらえて感謝する麗奈さん。 「在宅で、データを送ってもらって仕上げをして送り返すだけなので…すごく助かりますね。ですが、彼女の連載も来月終わってしまうらしくて」  アシスタントのギャラでさっそく病院に行った麗奈さんは、軽度の鬱病と診断されたそう。 「とりあえずはやく鬱病を治さないと、面白いネタなんか思いつかないし…連載なんて始められないので、しばらく稼いだお金は医療費に使うしかないですね…」  会社員から専業漫画家になり、現在の状況になってしまった麗奈さんですが…後悔はしていないそうです。 「一度漫画家として良い目を味わってしまったら、なかなか抜けられない。今は鬱病を治す事に集中するしかないですが、漫画家を諦めて普通の仕事につく事は考えたくないですね…」  また漫画家としての返り咲く事を目標に頑張るしかないと、ため息をつく麗奈さんなのでした。 ―貧困の沼、転落の淵― <文/鈴木詩子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
鈴木詩子
漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ