誰でもマネできる、ミランダ・カーの美しさの秘密

 あのミランダ・カーの美しさの秘訣はコレだ!!

 こんにちは、元DJでサウンドヴォイス・セラピストの村山友美です。

 トップモデルのミランダ・カーは、心も身体も整えている海外セレブのうちの一人として有名です。

ミランダ・カー

ミランダ・カー

 朝は、瞑想をしたり、食も気をつけたり、運動もしたり。さぞかし忙しいスケジュールなのに、バランスをとり、内側からも外側からも“美”を保っていますね。美しくあるために、人生に彼女が取り入れているものの一つとして、アファメーションがあります。

「自分に対する断定」アファメーション



 アファメーションとは、「自分に対する宣言」とか「自分への断定」という意味といわれています(注1)。「私は○○である」とか「私は○○だ」というように、なりたい自分やこうなればいいなと思うことを、あたかも実現したかのように、断定的に言うんです。

例えば、 
・私の人生は、最高に輝いています。
・私は、心も身体も美しく、まわりを幸せにしています。
・私は、どんどんキレイになっています。
・私は、豊かさを味わえる結婚相手と出逢えています。
・私は、素敵な仕事ができています。

 いつもこの素敵な言葉がけを自分にしてあげるんです。

 そうすることで、心のあり方、考え方がだんだん変わっていきます。潜在意識に刻み込まれるんですね。潜在意識とは、無意識のことです。アファメーションで無意識に心のあり方や行動、生活が変わってしまう!? そうなんです。

朝、目が覚めたときにすぐ読んでみる



 私たちは、言葉を意識的に選ぶことで、自分の人生をより素敵なものに創りあげることができちゃうんです。ネガティブな言葉よりもポジティブな言葉が良いといわれるのも、無意識にポジティブなものを創りだせるようになるからでしょう。

 ミランダ流は、ベッドの横にアファメーションを置いておき、目が覚めた時にすぐ適当にチョイスしたアファメーションを読んでいるようです。アファメーションを生活の一部として取り入れているんですね。(注2)

 ミランダ自身、豊かな人生を送る助けとなるアファメーションとして、ルイーズ・L・ヘイさん、ディーパック・チョプラさん、ウェイン・W・ダイアーさんといった方々の言葉を好んでいるようです。

 あなたも、輝かしい人生を自分で創りだしませんか。ベッドの横に好きなアファメーションの本を置いて、なりきりミランダからスタート!! あら不思議、気づかないうちインナービューティーになっていることでしょう。

 そんな朝にアファメーションを声に出しながら聴きたい曲のオススメはこちら。

●鳥のさえずりと一緒にハープ
Dan Gibson’s Solitudes  “Morning Drew”
https://itunes.apple.com/jp/album/woodland-harp/id836391361

●マリンバの音が優しい朝にしてくれる
堀田峰明 “春の小川”(1曲目)
https://itunes.apple.com/jp/album/inochino-shi-ocarina-zi-ran/id106012768

●優しいピアノの音で癒されながらも目覚める音
辻井伸行 “川のささやき”(10曲目)
https://itunes.apple.com/jp/album/debut/id266178663

(注1) ルイーズ・L・ヘイ『私はできる!』2010年 サンマーク出版 4頁
(注2) ミランダ・カー『TRASURE YOUORSELF』トランスメディア株式会社 2011年 84-85頁

<TEXT/村山友美 PHOTO/Sbukley>

ミランダ・カーや道端ジェシカが「ココナッツオイルでうがい」をする理由
ミランダ・カーや道端ジェシカが「ココナッ…
ダイエット
究極の「想うだけダイエット」で3kg痩せた
体臭, 美は1日にしてならず, 美容
実は体臭スポットの「●●●」洗い忘れてな…
デリケートゾーンは見落としがち
アソコも老ける!下着の中まで若々しい女性…
♂&♀
sponsored
将来が不安!!
貯金って将来いくら必要?男より頼れる「お…
sekuhara
女性→男性のセクハラにも要注意「酔った女…

◆TOMO(村山友美・むらやまともみ)

レコード店勤務の後、シンガー・DJとして日本・海外で活動。現在、「空間音楽プロデューサー」として新しいスタイルのBGM提案を行う。また、声分析ソフトで心の状態や才能を見出す「声ドック」、「ホリスティック・サウンドヴォイス・セラピー」も行う。大学講師、経営学博士。一般社団法人日本サウンドハート協会・代表理事
公式ウェブサイト(http://murayamatomomi.com

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse