Fashion

古くさく見える“危険な春夏モノ”3選。ビスチェ、ふわ裾…今年らしくするには?

 こんにちは。ファッションスタイリスト&ライターの角侑子(すみゆうこ)です。ファッションの流行は事前に予測することはできますが、実際にどのアイテムが、いつまで流行するのかは誰にもわかりません。思ってもみなかったトレンドアイテムが長く流行したり、逆に最注目アイテムがそのシーズンのみでぱったりと消えたり……。
ペプラムトップス

画像:WEAR

 だからこそ毎シーズン、旬が続くアイテムと旬がすぎたアイテムを見極める作業が大切です。そこで今回は2019年春夏では卒業すべき春夏アイテムをご紹介します。

かつて流行したペプラムトップス

 ウエスト部分から花のようにふんわりと広がる裾が可愛い、ペプラムトップス。着るだけでウエストが細く見えるので、一時ブームとなったほど人気が高まったアイテムです。実はペプラムは流行遅れだから絶対にダメ! というわけではなく、アイテムによっては今っぽく着こなせる商品もありますペプラムトップス その見極めが難しいのですが、共布のサッシュベルトがついているギャザートップスなら比較的これからの時期でも活用できるアイテムです。反対に、ウエストマークがされていないカットソータイプのペプラムトップスは卒業したほうが良いかもしれません。  いわゆる昔に流行ったペプラムトップスという印象を与えてしまうアイテムは卒業。デザインに今年らしさがあるなど、ペプラムと認識されにくいアイテムは残してOKです。

ぱったり見なくなってしまったビスチェ

 一昨年、昨年あたりまで目立っていたビスチェ、今季はぱったりと見かけなくなってしまいました。余談ですが、私の地元にあるアウトレットショップでは大量のビスチェアイテムが50%オフのワゴンセールに投げ込まれているという悲しい現実を目の当たりにしました。 ビスチェ もちろん、完全に消えたというわけではなく、まだ活用できる要素もあるのですが今から新しく購入するにはちょっと危険なアイテムであることを念頭に入れておくと良いでしょう。  腹巻き感が際立つような着こなし(ゆったりしたパンツと組み合わせる、目立つ色でビスチェを取り入れるなど)は避けてくださいね。取り入れるなら、ビスチェと同色のスカートを組み合わせ、ワンピースのような着こなしでビスチェを目立たなくさせると良いです。  また、キャミソールタイプのビスチェは微妙な流行遅れを感じさせかねないので潔くサヨナラをしましょう。シャツやトップスのインナーに使えるものなら取っておいてもOKです。
次のページ 
靴下+ヒールパンプスコーデ
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ