Entertainment

コンサート中の、一部女性ファンのマナーが目に余る。化粧を直すetc

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ  先日、とある公演を鑑賞していたときのこと。3列目という良席に恵まれ、私のテンションはダダ上がり。ところが……!  あるタレントさんのコーナーが終わると、やおら最前列の女性がどかっと腰を下ろしました。ご体調もありましょうから、座ること自体は問題ないのです。 今、ジャニヲタの“現場”で起きていること。タレントの目の前で寝る、化粧を直す……! しかし、くだんの彼女は腕を組んで頭を垂れ、いきなり寝てしまったではないですか! 見ると、あちこちで彼女のように寝たり、化粧を直したり、あろうことかスマホをいじっている人が見受けられました。  すぐ目の前のステージでは、汗だくになってパフォーマンスを繰り広げる少年たちがいるのに、です。  いったい、今“現場”で何が起こっているのでしょうか――?

勝手に休憩タイムに入る一部の人たち

 最近、「ファンのマナーが悪すぎて、タレントさん本人まで嫌いになってしまいそうです」というご相談をよくいただきます。  騒音のように叫ぶ、規定外サイズのうちわを持つ、座席を移動するなど、マナー違反はいろいろありますが、特に目立つのが、“自担以外どうでもいいので勝手に休憩タイム”とでもいうべき行為です。  彼女らは「少しでも自担以外を視界に入れたら死ぬ」とでもいうように、完璧に他を無視してみせ、ハタから見てもそれは寒々しい光景です。もう一度書きますが、座るのが悪いわけではありません。「自担以外にも媚びてみせろ」というのでもありません。  ただ、演者と他のファンに敬意を払った見方というのが、あるだろうと思うのです。座ったままでも構わないから、普通に、おだやかにステージを見守る。それは、同じ空間で時を過ごす観客として、最低限のマナーではないでしょうか。

自担の大切な仲間も、応援してこそのファン

 懸命に歌い、躍るタレントをまるで存在しないもののように扱い、ビューラーやらマスカラやらを取り出して鏡に見入る。“自担のコーナーじゃないから”ペチャペチャおしゃべりをする。  目の前のその人は、共にステージを作る“自担”の大切な仲間。そして、彼を愛してやまないファンたちも、その場にはいるのです。  彼ら、彼女らはその振る舞いを見てどう思うのか? そうした想像力を持ち合わせない人には、“思う存分自宅でDVD鑑賞でもして!”とお勧めしたくてやみません。  自担以外を見ること、応援することは裏切りになる?  否。自担ではないけれど、他の出演者やそのファンを思いやることは、あたたかな絆をも生み出します。
次のページ 
「さすが◯くんのファン!」と言われるように!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ