Fashion

ガウチョはもうダサ子?ワイドパンツ系アイテム、今のアリ/ナシ基準

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角侑子(すみゆうこ)です。トレンドの変化は2~3年スパンで変化しますが、ここ数年間は体型カバーに役立つワイドボトムが主流となっていますね。私が記憶する限りでは、2013~2014年あたりからガウチョパンツが流行し、以降その後を続くようにワイドパンツが台頭しています。 ワイドボトムのトレンド変遷 ということは、もう5年以上は体型カバーを中心に楽チンで動きやすいファッションアイテムが支持されていることになっています。そしてこれからもワイドボトムの流行はしばらく続いていきそうな予感。  しかし、ワイドボトムと一言にいっても、その年によって微妙な流行の変化があるようで、その違いを見極められないと一歩間違えば古臭い印象になってしまうかもしれません。そこで今回は、ワイドボトムのトレンド変遷についてご紹介いたします。

明確な住み分けがわからない、ワイドボトム

ワイドボトム ワイドボトム流行の発端はガウチョ。2012年頃から徐々に出始めてきて、大きなブームとなったのは2013年頃でしょうか。それより前は、バギーパンツとワイドパンツよりもっと太めのボトムが流行していたのですが、ガウチョはバギーパンツより丈も短く、足がスッキリして見えるということで人気になりました。  その後、ガウチョよりも丈が短いスカーチョ(スカート風ガウチョ)が登場し、立て続けにスカンツ(スカート風のワイドパンツ)が出てきました。スカーチョ・スカンツはガウチョ・ワイドパンツに比べて柔らかい素材で、質感がよりスカートに近いもの(だけどパンツ)というワイドボトム流行の派生でできたファッションアイテムですね。  一番丈が短い膝丈がスカーチョ、ついで膝~膝下丈のガウチョ、ミモレ~足首丈がスカンツとワイドパンツというように丈の長さの違いと服の素材の違いで呼び名を分けています。が、実際のところ現在はスカンツ・スカーチョという呼び名自体がほぼなくなってしまい、ワイドパンツという総称一択になっているようなイメージがします。
次のページ 
ガウチョ・スカーチョはもうオワコンなの?
1
2
Cxense Recommend widget
【ファッションのお悩み募集!】
ファッションスタイリスト&ライターの角侑子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらのお問い合わせフォームまで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【ファッション相談】を入れ、お送りください。コーディネートのこと、体型カバーのことなど、ファッションに関することであれば何でもOKです。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ