Job&Money
Beauty

花の航空会社で働く女性、肌ボロボロでコンビニ飯生活のわけ

3 ストレス発散の気力なし

 どのような仕事をしていてもストレスはつきものです。 3 ストレス発散の気力なし 私もストレスを抱えていました。航空会社の仕事、なかでも私が配属された出発班の仕事は国籍を問わずさまざまな人たちを世界各国へ送り出します。そのためには確認しなくてはならない項目が山ほどあるんです。ひとつのミスが国を超えた処理が必要な大ごとに発展することもあるため、業務中に気が休まる瞬間はありません。交感神経はずっと優位、いつも緊張状態で呼吸も浅かったはず。  唯一やっていたことと言えば、当時流行していた岩盤浴。汗をたくさんかいてすっきりするアレです。ただ寝ているだけですしね。体を動かしてストレスを発散する気力、体力はご想像のとおりです。  今振り返っても、決して褒められたものではないかつての私の暮らしぶり。これでは肌荒れしない方が奇跡です。でも、このダメダメな時期があったから気が付きました。体が喜ぶ生活をしようと。  退職するまでは栄養バランスを考えたお弁当を持参し、体も積極的に動かす。心地よい疲労感から夜も眠れるようになり、肌トラブルが激減したのは嬉しかった。これが、私が美容にハマったきっかけです。 ―グランドスタッフの裏話 VOL8― <文/高木沙織> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
高木沙織
美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog、Instagram:@saori_takagi
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ