Lifestyle

熟年離婚した父。ゴミ捨て場をあさって、“トンデモ小金稼ぎ”をしていた

夜中に目が覚めたら、ゴキブリがいた

 由美子さんは、そんな父親の姿をどう感じたのでしょうか。 「会社員時代の父は、どんなことがあっても無遅刻無欠勤を貫く人でした。今思うと、心筋梗塞で仕事を辞めることになって、離婚もして、誰とも関わらない生活が辛かったのかもしれません。ネットとはいえ、ヤフオクにきたコメントに返信をする姿は楽しそうでした」  高齢者の家がごみ屋敷と化すのは、認知症や精神疾患が原因である場合も。由美子さんのお父さんは、ヤフオクを楽しんでいるのでそれとは違うかもしれませんが、今後の言動には要注意ですね…。  さて、その日の夜、実家に泊まった由美子さんを悲劇が襲います。 「就寝中、目が覚めて水を飲もうとしたら、枕元や、テレビ台、台所に置いてあった皿と皿の間からゴキブリがニュっと出てきたんです。その光景を思い出すだけでも、吐き気がしそうです。もう二度と泊まらないと決意しましたね」 ―シリーズ「よくもわるくも帰省の思い出」― <文/池守りぜね>
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ