Lifestyle

女性を悩ます帰省ストレス。同じ話をくり返す母親がつらい

<みきーるの女子マインド学>  そろそろお盆休み。「実家に帰省する!」という方も多いと思います。でも、なかには「母と話したくないので、帰りたくない」という女子もいるようです。
母親と会話するのが嫌で帰省したくない女性

写真はイメージです(以下同)

 相談をくれたトモミさん(32)もそのひとり。彼女の悩みは、“お母さんの話が回り続けること”だそう。結婚や出産などの話題を繰り返し出されるのでしょうか? それとも……? くわしく、訊いてみました。

ゾンビのごとくよみがえる母親の話

「実家に帰るのは、年に1~2度くらいです。2~3日滞在するのですが、母と話すのが本当につらいんです。たまにしか会えないからやさしくしたいと思っても、どうしてもイライラしちゃって」 ――何にイラついてしまうんですか? 「話が回り続けるんです! 一度決着した話も、いつの間にか(決着が)なかったことになっていて」 ゾンビのごとくよみがえる母親の話――倒しても会話がよみがえる? ゾンビみたいですね……。 「ほんとそれ!! たとえばこんな感じです」 母「トモミ、晩ご飯はどうする?」 ト「遅くなっちゃったから、食べに行かない? ファミレスはどう?」 母「ファミレスなら遅くまでやってるね。でも山形のおじさんが送ってくれたお肉もあるのよ」 ト「そうなの? じゃ、お肉にする?」 母「そう、お肉もあるの。遅いけどね」 ト「んん? ならファミレスに食べに行こうよ」 母「そうね。ファミレスね」 ト「決まり! ファミレスに行こう!」 母「お肉もあるんだけど……」 ト「えっ、お肉がいいならお肉でいいよ?」 母「そうじゃないの。あんたがいい方でいいけど」 ト「ファミレスに決定!」 母「ただね、お肉もあってね……」 ――なるほど、たしかに戸惑いますね。 「物忘れじゃなくて、ただただ会話がループするんです。好きなようにしていいよって言っても話が元に戻っちゃうし、決めたら決めたでデモデモダッテになるし。一事が万事この調子なので、疲れてしまって」 ――トモミさんはサバサバしていて、イエスノーがはっきりしているので、よけいにイラっとくるのでしょうね。
次のページ 
イライラを最小限にする会話法
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ