Lifestyle

「娘は年の離れた妹」設定で彼氏を作りまくる毒母がひどい…

気づけば母のウソも本当に……

 そんな逆境? にもめげずに、いまだに母親との同居を続けているという由香里さん。 「実家が都内なので、家から出るメリットがないんですよね。私も、大学で友達があまりできなくて。つい休みの日も母親と過ごしてしまうんです」  由香里さんと母親との共通の趣味は、なんとライブ鑑賞。一緒にライブに行くのは仲が良い親子という感じですが、母が「年が離れた姉」設定で通すのでその嘘に付き合わなければいけないのがつらいと言います。 年齢詐称の母「この前は、ロッカーのお金を貸してくれた30代の男性に夢中になっていました。複数のアーティストが出るライブだったので、合間の時間にロビーで雑談したんです。『大学のゼミで日帰り研修があるから、お金が必要なんだ』というような話題をきっかけに、相手に母親だとばれそうになりました。すると、母にトイレに連れていかれ、マジギレされました」  いかにも理不尽な理由で、実母からひどい目に遭わされている由香里さんですが、母親のウソ自体にはあまり違和感がないとか。 「不思議なんですが、ずっと私は彼氏ができないのに、母はなぜだかモテるんですよね。母もそれをわかっているみたいで、『今ここに男性がいたら、あんたと私、どっちを選ぶと思う』って自信満々に聞いてくるんです。もともとは、母の年齢設定も、娘がいない設定もウソなのですが、だんだんとそれが本当のような気になってきちゃったんですよね」  強気にも30代前半の年齢設定で通してしまう、モンスターのように自己肯定感が高すぎる40代の母。逆に娘の由香里さんは、20代という若さでも「自分なんて……」と卑屈な言葉を何度も口にしていました。家から出るメリットがないなどとは言わず、この呪縛から由香里さんが解き放たれることを祈るばかりです。 ―ついたウソ・つかれたウソの顛末― <文/池守りぜね イラスト/カツオ>
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ