Gourmet
Beauty

薬味で美ボディに。酢生姜、にんにく、長ネギ…簡単作り置きレシピ3つ

長ネギは酸化しにくいゴマ油で

 最後は、長ネギのゴマ油漬けです。  こちらもみじん切りにして、容器に入れたところにゴマ油を注いで作ります。
長ネギは青い部分とゴマ油に

長ネギは青い部分とゴマ油に

 このネギ油調味料がとても万能で、例えば鶏肉をちょっと焼いたり、ダイエット中ならゆでたりした時に、かけると急速に味わいがアップ。生のままの素材にかけて、その後軽く加熱してもOKです。  鶏肉や油揚げを焼く場合でも、まずは油なしでさっとあぶったりグリルで焼き色を付けたら、最後に油をかける方式を採用すると、油のいいとこ取りがしやすいです。  というのも、油は加熱すると酸化しやすくなり、体に悪いものになるのです、ゴマ油とオリーブオイルはわりと酸化しにくいとされています。(具体的には「ゴマ油は150度、オリーブオイルは210度で変質する」とされています)
長ネギのゴマ油漬け

長ネギのゴマ油漬け

 ちなみにココナッツオイルの変質は200度で、オメガ3が多いとされる亜麻仁油は過熱NGとされています。  とはいえ、加熱しないでいただけるなら、そのままいただくほうがベター。長ネギのゴマ油漬けとにんにくのオリーブオイル漬けは、野菜のグリルや魚料理とも相性がいいので、ぜひ「後がけ方式」を試してみてほしいです。  以上、3つの調味料は時間のある時に作っておくと、料理の時短ができて便利です。なお、油は空気でも酸化してしまうので、密閉容器に入れて早めにいただくことを推奨します。  とはいえ、思っている以上に多めに摂っていいのが油。良い油を選んで毎日しっかりと摂っていくためにも万能調味料を活用すると、健康的な美ボディに近づきやすくなるのではないでしょうか。 ―「美活(今さら)始めました」― <文/にらさわあきこ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
にらさわあきこ
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容について取材・執筆を続ける中、2019年に「美活部」を発足。簡単&ラクに綺麗になるための情報をブログやインスタなどで発信。著書に『未婚当然時代』(ポプラ新書)『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。インスタ:@akiko_nirasawa_beauty、ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク~に綺麗になろう!
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ