Entertainment

人気2世スターが衰弱して「肌が灰色になった」原因はビーガン生活か

 21歳という若さながら世界的スターとなったジェイデン・スミス。モデル、歌手、俳優など多方面で活躍中だが、あることをきっかけに肌が「灰色」になり、「生気が抜けた」ようになってしまったという。  ふだんは放任主義といわれる父ウィル・スミスと、母ジェイダ・ピンケット=スミスも、今回ばかりはさすがに黙っておくことはできず、ジェイデンに苦言を呈したそうだ。体調が悪くて、肌が「灰色になる」とは一体どういうことなのだろう?
ジェイデン・スミス

ジェイデン・スミス

 以前、肉や魚だけでなく卵や乳製品も食べない絶対菜食主義者であるビーガンの食生活に切り替えたと話していたジェイデン。しかし、ビーガンの食生活にしてから、肌が「灰色」になってしまったそうだ。  父ウィルと母ジェイダは、タンパク質不足によりジェイデンから「生気が抜けた」ようになってしまったために、親として息子に一言物申すに至ったという。  ジェイダは自身のフェイスブックウォッチでの番組『レッド・テーブル・トーク』の中で、ウィルとジェイデン、さらに娘ウィロー(18)、ウィルの前妻との間の息子のトレイ(26)、ジェイダの母エイドリアン・バンフィールド・ジョーンズらを前にこう話した。 「ウィルと私はジェイデンに小言を言うことになったの。ビーガンになった彼だけど、私達はジェイデンがタンパク質を十分に摂取できていないってことに気づいたわ。だんだん体が衰弱してきて、生気もなく、体力も消耗してきちゃっていたのよ。十分な栄養を取れていなかった」  さらにウィルは、ジェイデンの目の下にはクマができ、「おまけに肌は灰色っぽくなってきてたよ。とっても心配した。今はすごく回復したけどね」と続けた。  そんな経験をしたジェイデンは、今ではベジタリアンの食生活を送っているそうで、ビーガンの時とは違い乳製品などは口にしているという。 「自分はビーガンを試したベジタリアンだって言いたいね。ビーガンになろうと試しはしたんだ。1週間とかならまたビーガンになれるけど、ここ数年はベジタリアンなんだ」  海外セレブをはじめ、世界で増加中のビーガン。体質的に動物性の食品が摂取できない人、また地球環境の問題などを考えると、完全菜食主義という食習慣も1つの方法として考えられるだろう。  しかし、菜食主義の人でも、生命を維持するうえで必要な栄養素をしっかりとれているかを確認すること。それがいかに大切であるか、今回のジェイデンの例が改めて気づかせてくれる。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ