Lifestyle

大きいバストを小さく見せる・痩せて見せるブラの選び方

痩せて見せるための法則

 小さく見せる方法を紹介してきましたが、綺麗に見せたいのであれば「思い切って、ボリュームを前に出す。出るとこは出して、凹ませるところは締める」ことです。つぶしたり、寄せてあげたりせず、なるべくボリュームを引き上げながら前にボリュームを逃がしてあげることがポイントです。 大きいバストはこう見せる!痩せ見えの法則 やせて見せる①前中心(ブラの真ん中)もしっかり高いワイヤー U字型ワイヤー:しっかり下から支えてくれるので、左右それぞれのボリュームが安定する。 ②ボリュームを上や谷間ではなく、前に出す 大きいバストはこう見せる!痩せ見えの法則 U字ワイヤー さきほどの「小さく見せる」方法だと、ボリュームを分散させるため、どうしてもズレやすかったり苦しかったり、脇にボリュームが出てしまうこともあります。そして、脇のところにボリュームが出ると、知らず知らずのうちに「腕を振ると胸があたって邪魔だな~」という状態になっている人も多いです。  なので、思い切ってしっかり前にボリュームの出る形のブラを着てみてください! 前には出るので確かに小さくは見えにくいです。しかし、代わりにボリュームが広い面積につきにくくなり、痩せ見え効果が期待できます。  さらにポイントは、 ・腕をまっすぐ前に振った時にブラが腕に当たらない ・腕組みをしやすい ということです。

ブラの真ん中のワイヤーが痛い、ポロリする、そんな時は……

 この豆知識は、ワコールの「小さく見せるブラ」を少し安く済ませる方法でもあります。前述した通り、ブラの真ん中のワイヤー(前中心)が低いものだと、谷間を作ってくれるので小さく見せてくれたり、ワイヤーの当たりが気になりにくかったりします。  ただ、ボリュームがある人 あるあるなのが、このL字型のワイヤーだと、谷間部分からトップ(乳首)がポロリしやすいことです。  そこで大活躍なのが、レース!! 大きいバストはこう見せる!痩せ見えの法則 やせて見せる レースをつける 谷間の部分にレースを縫い付けることでポロリを防げます。縫い付けるのが苦手な方は、ワコールが出している小さく見せるブラにも、似たような形のものがあります。
ワコール「小さく見せるブラ ストラップレス」

(画像:ワコール公式サイトより)

 一口に「小さく見せるブラ」と言っても、いろんな種類があるので、色々みてみてください!

「小さく」も「痩せて」も試した上で、自分の胸と向き合ってみて

 バストの向き合い方は様々ですが、私が一番大切だと思うことは「自分のバストを認めてあげること」だと思います。人よりも大きすぎるものを、自分の意思とは関係なく手に入れてしまうと、悩みは増えてしまいます。  でも、向き合っていくかどうかで、自分の見せ方は変わります。あるものをなくすことはできません。でも、向き合った上で綺麗に見せるか、小さく見せるかは決められます。大きいことを無視して、デザイン目当てでずっとEカップをつけていて、胸の形が崩れてしまったり、お洋服を着た時にすごく垂れて見えたりする人を、たくさんみてきました。  だから、自分の胸の大きさが嫌でも好きでも、向き合って「自分の胸にはどんなものが合うのか」をしっかり考えるのが大切です。  あなたは、どんなバストになりたいですか? ぜひ、「小さく見せる」も「痩せて見せる」も試してみた上で、自分はどちらの胸が好きか、ぜひ考えてみてください。 <文・イラスト・写真/ちーちょろす> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
ちーちょろす
下着の魔法使い。販売員時代の知識を活かして、下着で自分に魔法をかけるための知識をnoteやTwitterで発信中。特技はサイズを当てること。趣味は下着屋さん巡り
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ