Entertainment

ケンコバから高橋克典まで。ラグビーをやってた芸能人8選

高橋克典 中学から高校1年まで青山学院ラグビー部

 中学生から高校1年までラグビーをしていたというのは、俳優の高橋克典。青山学院中等部の時に、いわく「エネルギーがあり余って、なんだか暴れたくなってきまして(笑)。そのエネルギーを燃焼させようと、ラグビー部に入りました」とのこと。  ひとつの作品に多くの人間がかかわる役者の世界について、「みんなでひとつになってつくりあげていくというラグビーの精神が、完全に根付いています。スタンドプレーだっていいじゃないかということではなく、やはり“チーム”になろうとするんです。いい作品にしたい、みんなで感動を分かち合いたいと常に思っているところがありますね」とラグビー・ワールドカップ日本大会公式サイトのインタビューでコメントしています。  10月13日のブログでは、「考えたけど、こんな時だからこそ、やっぱり行くことにしました。涙が止まらないす。」と日本戦を観戦した感想をつづっています。

舘ひろし 高校時代ラグビー部の主将

 ラグビーワールドカップ2019のPRキャプテンに就任している俳優の舘ひろしも、愛知県立千種高等学校でラグビー部の主将を務めています。  舘は7月、日本代表が合宿している宮崎に陣中見舞いに行き、石原プロモーション御用達のおはぎを500個差し入れしたことでも話題になりました。  PRキャプテンとしての活動用のTwitterも開設した舘ひろし、「ラグビーワールドカップ2019のPRキャプテンを拝命して、1年間務めてきました。慣れないツイッターも頑張ってみましたが、大会の楽しみ方やラグビーの魅力など、みなさんに伝わったでしょうか?今、いちラグビーファンとして本当に興奮しています」(9月19日投稿より)と本意気が伝わるラグビーファンぶりですね。

濱田岳 中学、高校時代は俳優業をセーブしてまでラグビー

 9歳で役者デビューした演技派俳優の濱田岳。中学、高校時代は俳優業をセーブしてまでラグビーに打ち込んでいたそうです。  低迷するラグビー部を舞台にした大泉洋主演のTBS日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)に、ラガーマンだった濱田は強く出演を希望して、念願叶って第9話にゲスト出演。対戦チームの選手として登場するも、放送された試合シーンは約4分。台詞もなく、わずかな試合出場にSNSはざわつきました。

岡田准一 中学時代はラグビー部/櫻井翔も2年だけ経験

 V6の岡田准一も、中学時代はラグビー部でした。小柄だったことで、ポジションはスクラムハーフ。ラグビーの顧問が良い教師だったことから、当時は将来は教師になろうと思っていたそうです。  同じくジャニーズでの元ラガーマンといえば、嵐の櫻井翔。W杯の試合を中継する日本テレビのスペシャルサポーターも務めています。自身とラグビーの関わりについては、「小学生のときにわずか2年間やっていただけなんです」「そんな私がこの場(スペシャルサポーター)に呼んでいただいて、身に余る光栄だと思っています」とコメントしています。  元ラガーマンたちの心に刻まれている「One for all,all for one」というラグビーの精神は、役者やタレントの仕事にも、生かされているはず。ラグビー経験者でもそうでなくても日本中が応援する、ラグビーW杯。準々決勝も、日本代表の活躍に期待したいですね! <文/満知缶子> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
満知缶子
ミーハーなライター。主に芸能ネタ、ときどき恋愛エピソードも。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ