Love

彼氏が「結婚はできないから、内縁の妻になる?」。男性からの許せん言葉集

 最近、許せないことってありましたか?愛憎は紙一重という言葉の通り、大事に想っている相手ほど許せないことってありますよね。  彼氏など男性から許せないような“ひどい言葉”を言われたことがある女性3人に話をうかがいました。
ショック、別れ、悲しみ、女性

写真はイメージです(以下同じ)

2年交際の彼氏「結婚はできないから、内縁の妻になれない?」

 28~30歳に、付き合っていた当時の彼氏から衝撃的なことを言われたという由美佳さん(仮名/33歳/メーカー勤務)。 「いわゆるイケメンではなかったけど、背が高くてオシャレでエリートだったので、自慢の彼氏でした。相手は1個上だったので、おたがい結婚も意識していたと思っていたんだけど……」  思い出してしまったのか、目を伏せる由美佳さん。 「30歳の誕生日近くのある日、スタバでお茶してる時に、急に“結婚はできないから、内縁の妻になれない?”と言われました。しばらく言葉の意味が理解できませんでした」 ハイスペ男性 ありえないことに、由美佳さんと付き合う前から、婚約者がいたという彼。2年も付き合っていて全く気づかなかったのでしょうか? 「電話は毎日数回、デートも週に数回していたので全然気づけませんでした。今思い出しても本当に許せない。私の時間を返してって感じ!」  彼の婚約者の女性も、そこまで由美佳さんと一緒にいたのに気づかなかったとは思えませんが。 「彼は親が事業をしていて、御曹司(おんぞうし)だったので、政略結婚だったみたいです。婚約者の女性も私の存在は知ってたみたいです」  ちなみに、その彼は数年後に結婚のち離婚したとのこと。人をダマして自分だけ幸せになろうなんて無理ってことですね。

ハワイで知らないオッサンに「オバサンじゃん」

 次は楽園ハワイの地で、許しがたい言葉を浴びせられたという史子さん(仮名/39歳/経営者)。 「一昨年にホノルルマラソンに参加した時のことです。3泊の弾丸旅行だったんですけど、酔った勢いで年がいもなく、クラブに行ったんです」  かなり美容に気を遣っているのでしょう。肌もキレイでメイクも若く、39歳には見えない史子さんですが、目尻のシワやほうれい線は多少あるので、アラフォーと言えばそうも見えます。 「胸元を強調したセクシーなワンピースで気合い入れて、ちょっと出会いも期待して繰り出したんですが……」  友人と踊っていたら、30代半ばくらいの日本人男性に「一緒にVIP席で飲まないか?」と声をかけられたという史子さん。 「正直、そんなにイケメンではなかったのですが、ナンパされたのも久々だったので、いそいそと行ったんですよ。そしたら、そこで待ってた千鳥のノブ似の同世代と見られるオッサンに“オバサンじゃん”と吐き捨てられました。あり得ない(怒)!」 オバさんじゃん 若い人からならまだしも(それでも充分傷つきますが)、オッサンに言われるとは、ムカつきますね。 「思ってても言う必要ないですよね? 本当に許せないです。テンションも一気に下がりました。今思い出してもイラッとします!」  という史子さんは、いま10歳下のラブラブな彼氏がいるようなので、とりあえず、良かったです。
次のページ 
情熱的な韓国の彼氏と遠距離恋愛していたが…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ