Entertainment

読み出すと止まらない「ハマる本」10冊。お家でハラハラ、ドキドキ…

「この本は、一切の予備知識なく読んでほしい」

●至高の頭脳戦を味わいたい人に 『容疑者Xの献身』 東野圭吾
容疑者Xの献身 (文春文庫)

容疑者Xの献身 (文春文庫)

「天才数学者・石神は、窮地に陥った隣人親娘を救うため、完全犯罪を企みます。しかし、旧友である天才物理学者・湯川が彼の前に立ちはだかり……。命がけの犯罪は、暴かれてしまうのか? 福山雅治さん主演、堤真一さん共演で映画化。  泣けるミステリーの決定版! 福山雅治さん演ずる湯川教授でお馴染みの「ガリレオ」シリーズ3作目。天才物理学者・湯川と天才数学者・石神による高度な頭脳戦が描かれています。愛する人のために石神が企てた完全犯罪を、湯川が解き明かしていくという倒叙ミステリーとなっており、ドキドキの臨場感が味わえます。ボロ泣き不可避。切なすぎて胸が苦しい。東野圭吾さんの作品にハズレなし!」 ●手に汗握る攻防戦を味わいたい人に 『ホワイトアウト』真保裕一
ホワイトアウト (新潮文庫)

ホワイトアウト (新潮文庫)

「雪山のダムを舞台に繰り広げられる、緊迫のアクションサスペンス。厳冬期のある日。新潟県にある巨大なダムを謎の武装グループが占拠し、政府に50億円を要求。拒否した場合は人質を殺害し、ダムを破壊すると警告します。タイムリミットは24時間。そんな中、唯一人質を免れた職員・富樫が、荒れ狂う吹雪のなか単身でダムへと乗り込み……! 織田裕二さん主演で映画化。  雪山の恐ろしさやダム内の緊迫した空気、スピード感満載の戦闘シーンなど、圧倒的な描写力で釘付けになります。臨場感あふれる攻防に、目が離せなくなるはず!」 ●“多重人格”の真実を知りたい人に 『24人のビリー・ミリガン』 ダニエル・キイス
24人のビリー・ミリガン〈上〉 (ダニエル・キイス文庫)

24人のビリー・ミリガン〈上〉 (ダニエル・キイス文庫)

24の人格を持つ青年、ビリー・ミリガンについて書かれた傑作ノンフィクション。ビリー本人へのインタビュー、関係者の証言、裁判記録等をもとに書かれ、世に多重人格の存在を知らしめたベストセラーです。  1977年、オハイオ州で連続レイプ犯として逮捕されたビリー・ミリガン、22歳。犯行当時の記憶がなく、取り調べに対する言動もあやふや。実はこの事件、彼の中に潜む別人格のしわざだったのです。本作には事件の顛末はもちろんのこと、なぜ多重人格者となってしまったのか、周囲の人たちはどのようにして多重人格者だと突き止めたのかといった真実が克明に描かれています。  物語としても十二分に興味深く、サスペンスのようなドキドキ感、ミステリーのような衝撃展開など読み応えバツグンの一冊です」 ●心温まる素敵な物語が読みたい人に 『スロウハイツの神様』 辻村深月
スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

「共同生活をする若きクリエイターたちの物語です。新人脚本家・赤羽環は、とある事情で手に入れたアパートを“スロウハイツ”と名付け、オーナーになりますが……。  漫画家や小説家、画家、映画監督といった仲間たちが刺激し合いながら仕事に励むさまは、現代版トキワ荘のよう。本作は上下巻に分かれており、下巻のすさまじい伏線回収っぷりに感動すること間違いなし! もうホントに泣けます。恋愛、友情、心の葛藤、それぞれが見事に絡み合っており、もはや涙なしでは読めません●アゴが外れるほどの衝撃を味わいたい人に 『しあわせの書 迷探偵ヨギ ガンジーの心霊術』 泡坂妻夫
しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術 (新潮文庫)

しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術 (新潮文庫)

僕が過去一衝撃を受けた至高のミステリーです。この作品に関しては一切の予備知識がない状態で読んでいただきたいため、敢えて内容はご紹介いたしません。  読んだ人だけが味わえる感動が待っています。なお、本作は電子書籍化が不可能だと言われています。読めばその理由がわかるはず。この衝撃をぜひとも体感していただきたい!」 読み終わるまで出られません! ドハマリ本10======  おもしろい本に出会うと、時を忘れて夢中になってしまいますよね。 “夢中”といえば、Thinking Dogsの新曲「Heavenly ideas」は、アニメ作りに夢中な女子高生たちのドラマ「映像研には手を出すな!」の主題歌になっています。  わちゅ~さんに、新曲の聴きどころを伺いました。 「ドラマ『映像研には手を出すな!』の世界観ともリンクする歌詞やフレーズが、視聴者をカオスの世界へと導きます! 終始繰り返されるリフ、暴れまくるギターソロやベースソロ、ド頭から畳みかけるドラム、脳天突き刺すハスキーボイスなど聴きどころ満載。シンプル且つ無骨なサウンドで、バンドの勢いを全面に押し出した一曲です。演奏シーンのみで構成されたミュージックビデオも必見です!」  本の世界に遊び、パワフルなサウンドを楽しんで、“おうち時間”を元気に過ごしたいものですね! 【わちゅ~】 男子4人で一軒家に暮らすTSUBASA、わちゅ~(B)、Jun(G)、大輝(Dr.)からなるロックバンド・Thinking Dogsのベース。本のコンシェルジュ“ホンシェルジュ”としても活躍し、書評やレビューを手掛ける。ドラマ『映像研には手を出すな!』の主題歌「Heavenly ideas」が好評配信中。 撮影/Jun(Thinking Dogs) <文/みきーる> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
みきーる
ジャニヲタ・エバンジェリスト。メンタルケアカウンセラーⓇ。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ