Entertainment

2匹の猫ちゃんにメロメロ〜。SNSが猫だらけの歌手・藤あや子さんに聞く

思わずにやけるほど「仲良しな日常」

 きょうだい猫である2匹は仲がいいからか、一緒に何かをするのが好きなよう。生後間もない頃には共に階段をマスターしようと励んだこともありました。
 こうした協力プレイは成長と共にコミカルかつ大胆になっており、今年の猫の日には柱に登って遊ぼうとする衝撃的な姿がとらえられました。  若干の諦めを含みながらもイタズラを温かく見守る藤さんのツイートにも、思わずクスッとさせられてしまいます。

「おすわり」や「待て」もできる賢い2匹

 そんな藤さん宅では最近、手作りの夜ご飯をみんなで囲むのが日課になっているよう。
「マルオレ食堂」と題されたこの光景からは、マルくんとオレオちゃんの賢さもうかがえます。 「2匹とも食べ物を前にしても、ちゃんとお座りをして写真を撮らせてくれます。自分たちの食事のときもおすわりや待てを聞いて、ちゃんと座って待ってくれます」  マルオレツインズは普段藤さんと小さなボールで遊ぶときも、投げたボールを藤さんのところまで咥えて持ってきたり、「ニャー」と鳴いて“投げてアピール”もしたりして、知性を披露しているよう。そうした賢くて無邪気な姿を見るたびに藤さんは笑顔になり、改めて猫という動物の魅力を噛みしめています。 「うちの子たちは生後1か月あまりで引き取ったので、私が母親だと思っていて言うことをちゃんと聞いてくれます。叱るときもむやみに叩いたりせず、人間の子どもと同じでいけないことを言葉で説明します。愛情を注げば注ぐほど、穏やかで優しい子に育ってくれる」  そう語る藤さんは大切な命を守ることができ、心からよかったと思っているのだそう。

猫のためのチャリティー活動にも取り組む

 藤さんのそんな“猫愛”は、マルくんとオレオちゃんにも伝わっているよう。2匹は藤さんの腕の中だと、あどけない表情を浮かべます。  まるで子どものような表情を見せ、身をゆだねるマルくんとオレオちゃん。2匹にとって藤さんは紛れもなく、大切なお母さん。猫の日に藤さんが送ったメッセージはもしかしたら、マルくんとオレオちゃんが藤さんに抱いている気持ちでもあるかもしれません。  なお、小さな家族たちを通して保護猫の魅力を知った藤さんは現在、マルオレツインズのチャリティーカレンダーを作ったり、コンサート会場でチャリティー募金箱を設置したりして、保護猫や殺処分されてしまいそうな動物を救うための活動を行っているそう。マルくんとオレオちゃんは笑顔の輪だけでなく、動物愛護の輪も世間に広めているようです。  猫の愛くるしさや猫と暮らすことの楽しさが伝わってくる藤さんのSNSは、コミカルな投稿文にもクスっとさせられる憩いの場。  ぜひこれを機に、藤あや子さんのTwitterやinstagramでマルオレツインズや藤さんの日常をチェックしてみてください。 <文/愛玩動物飼養管理士・古川諭香>
古川諭香
愛玩動物飼養管理士・キャットケアスペシャリスト。3匹の愛猫と生活中の猫バカライター。共著『バズにゃん』、Twitter:@yunc24291
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ