Lifestyle

テレワーク夫の「洗濯物たまってるよ」にイラッ。コロナ自粛でストレスは限界

義母のコロナデマに「知らなかったです~」

電話 義母の助言が明らかなデマ情報でも、指摘することはないそう。 「『デマですよ』なんて言うとまた面倒臭そうなので『そうなんですね! 知らなかったです~』と適当に流して、後から夫に『デマ』だと伝えさせるようにしています。家にいる時間が長くなったから、電話に出ないと『まさか出かけているの!?』というLINEが来るし……。仕事と夫の世話と義母の相手まで見ないといけないなんて、いい加減、我慢の限界です」  そんな詩織さんは他県で緊急事態宣言が解除されたことが、最近で唯一嬉しかった出来事だといいます。 「もう、嬉しくて。東京も早く解除してくれないかな、という気持ちです。一方、夫は今の生活がラクすぎるのか『解除されて出社したくない……』とボヤいていますね。子供がいる友人からは『詩織のとこは旦那さんと2人きりだから羨ましいよ~』なんて言われるけれど、子供がいなくても大きい子供がいるんです! と言いたくなりましたよ」

友人の旦那を羨ましく思うことも

主婦「他にも友人から『テレワークで旦那が子供の面倒を見てくれるようになった』という話を聞くと、『良い旦那さんだなぁ』と羨ましく思うことも。たとえ、子供がいたとしても夫がきちんとしてくれるのかと言われたら微妙なところですが……」  コロナ禍で子供がいる家庭はもちろん大変ですが、子供がいない夫婦でも苦労はあるようです。詩織さん夫婦もコロナ前は仲は悪くなかったといいますが、やはりずっと家にいるとストレスも溜まってくるものです。それぞれが自分の時間を持てるように、早くコロナが収束して全国的に自粛が解除されることを願うばかりです。 <文/結城>
結城
男女観察ライター。鋭い視点で世の男女を観察し、 夫婦問題からイタい火遊びまで、幅広いエピソードを華麗に紡いでいく。Twitter:@yuki55writer
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ