Beauty

ダイエットになる呼吸法って?呼吸で腸活、便秘解消にも◎

 夏に向けて気になる体重の増加。「今年はコロナ太りだから仕方がない!」と、なかばあきらめの境地にいる人もいるかもしれません。ある調査によると、実際、6割(※)近くの女性が自粛期間に体重が増えてしまったそうです。
6割の女性がコロナ太りしたらしい

写真はイメージです

 自宅にこもって、運動不足になり、人目を気にせず食べていたら、太ってしまうのは無理もないことです。ですが緊急事態宣言が解かれてから時間も経ち、そろそろ、「コロナ太り」も言い訳に使えなさそうです。また、運動不足のため、便秘に悩む人も増えていると聞きます。

ダイエットや便秘解消には「腸活」

 そこで、行ってほしいのが「腸活」。順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生は、ダイエットや便秘解消には、腸内環境を良好にするのが何より大切だといいます。 「腸には100兆個から1000兆個の腸内細菌が住んでいます。腸内細菌の中には、脂肪の取り込みを防ぐ『痩せ菌』がいるのですが、腸内環境が悪化すると、『痩せ菌』の数が減り、太りやすい体になってしまいます。  また、腸の機能が衰えると、全身の血流も悪くなってしまうため、新陳代謝が健全に働かず、老廃物や脂肪が蓄積する原因になります。便秘になりやすい人も同様です。腸内細菌のバランスが崩れ、腸の活動が衰えているため、便秘になってしまうのです。そんな方は、ぜひ『腸活』を始めてみてください」
ダイエットや便秘解消には「腸活」

写真はイメージです

「腸活」のカギは「呼吸」だった!

「腸活」といえば、発酵食品や食物繊維を摂るなど、食事に気をつかうのが大切だとよく知られています。しかし小林先生は、食事と同じくらい大切なことがあるといいます。 「それは呼吸です。人間が健康に生きるためには食事と呼吸が大切ですが、無意識にできてしまう呼吸はつい軽視されがちです。しかし、呼吸は1日2万回以上している、命を支える根幹的な機能。じつは呼吸には、腸内環境を改善して、血流を劇的にアップさせるパワーがあるのです。普段の呼吸を見直し、呼吸の質を高めれば、腸内細菌のバランスが整い、ダイエットや便秘解消にもつながるでしょう」  呼吸とダイエットが関係あるなんて! 盲点でした。  小林先生は、著書『自律神経を整える「長生き呼吸法」』(アスコム刊)の中で、腸内環境を改善させるための呼吸法を考案。その名も「長生き呼吸法」。健康に、美しく、長生きするための呼吸法だそうです。 自律神経を整える「長生き呼吸法」

基本の「長生き呼吸法」のやり方

1 まっすぐに立つ。両手は左右のお腹の肋骨の下をつかむ 2 上体を前に倒しながら、6秒、口から息を吐く (同時に、脇腹の肉をおへそに集めるイメージで両手に力を入れる。腸に刺激を与える) 3 背中を反らしながら、3秒、鼻から息を吸う (同時に、腸に刺激を与えていた両手の力をゆるめる) ※1日1分、2~3を繰り返す
便秘解消に役立つ「筋トレ呼吸」

便秘解消に役立つ「筋トレ呼吸」

便秘解消に役立つ「筋トレ呼吸」2

「筋トレ呼吸」

肩こりに役立つ「肩こり解消呼吸」

肩こりに役立つ「肩こり解消呼吸」

肩こりに役立つ「肩こり解消呼吸」2

「肩こり解消呼吸」

※『長生き呼吸法』には目的に合わせたさまざまなアレンジメソッドがあります。掲載した写真は、便秘解消に役立つ「筋トレ呼吸」と、肩こりに役立つ「肩こり解消呼吸」です。
次のページ 
「長生き呼吸法」の2つのポイント
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ