Lifestyle

レンジフード掃除は“年末だけ”じゃダメ。お手入れの方法をプロに聞いた

 キッチンのコンロの上にあるレンジフード。換気扇と呼ばれることも多いですが、ココって掃除したくないですよね……。年末に1年分の汚れをまとめて落とすか、なかには今まで1度も掃除したことのない人もいるでしょう。
レンジフード

写真はイメージです

 しかし、プロ曰く、こまめに掃除するのが良いのだとか。緊急事態宣言が解除されたものの、まだまだ外出を控えたい今は絶好の掃除期間! 富士工業株式会社(以下 FUJIOH)のレンジフードマイスター・鈴木勝さんに掃除のコツを教えてもらいました。慣れてしまえば意外と簡単ですよ。

最初に自宅のレンジフードの種類をチェック

――まず、レンジフードマイスターという肩書きが気になるのですが、どんなお仕事をされているのでしょう? 鈴木勝(以下、鈴木):マイスターと言っていますが、特別な免許があるわけではありません。レンジフード国内シェアNo.1(※1)の弊社で一番詳しい人ということで、設計部のなかでもおしゃべりな私が選ばれました。仕事では、設計部に所属しレンジフードの開発に携わっています。 (※1)出典:シェア64.1%・富士経済「2017年版住宅建材マーケティング便覧」2016年実績 ――開発もされているとのことで、レンジフードのことを知り尽くされているんですね! ちなみに、なぜ月1の掃除をオススメしているのでしょう? 鈴木:レンジフードの排気性能を維持するためです。調理中に吸い込まれた油がレンジフードのフィルターやファンに付着し、排気性能を落としててしまいます。そしてそのまま放置すると、油が酸化して固まり落としづらくなってしまうので、こまめに掃除したほうが良いのです。 ――なるほど。年末掃除は1年分の油汚れが固まっているから大変なのですね(苦笑)。それでは早速、掃除の仕方を教えていただきましょう。 鈴木:まずレンジフードには見た目で大きく3タイプに分けられます。 ①深型フード(シロッコファン/プロペラファン)
深型フード(シロッコファン)

深型フード(シロッコファン)

深型フード(プロペラファン)

深型フード(プロペラファン)

②浅型フード
浅型フード

浅型フード

③スリム型レンジフード
スリム型レンジフード

スリム型レンジフード

 深型フードは中に入っているファンが2種類あり、シロッコファンは何枚も細長い羽根で構成されているタイプで、プロペラファンは文字通りプロペラの形をしたタイプです。

まず電源プラグを抜くかブレーカーを落とす

鈴木:掃除前に自宅のレンジフードのタイプを確認してみてください。タイプ別にパーツの取り外し方が異なりますが、全タイプ共通でまずしてもらいたいのは、電源プラグを抜くかブレーカーを落とすこと。掃除中にファンが回ってしまったらとても危険です。そして、けがの防止のため、厚手の手袋を忘れずにつけてくださいね。 ――レンジフードって、深型フードのイメージがありましたが、他の種類もあるんですね。それぞれ、掃除の仕方はどう違うのでしょうか? 鈴木:パーツを外して洗うという流れは共通しています。それぞれ種類によってパーツの外し方が異なったりしますが、外したパーツの掃除の仕方は基本的に同じです。パーツの外し方は取扱説明書を参照しましょう。 ――レンジフードの中までちゃんと見たことがありませんでしたが、油がベットリで驚きました……。
次のページ 
パーツはゴミ袋の中で洗うのがコツ
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ