Entertainment

「ファンをやめる=担降り」を決めたヲタクが、やらねばならん5つのこと

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ  ジャニヲタをやっていると、しばしば“担降り”という状況に出くわします。 “担降り”とは、「今まで応援していた人のファンをやめること」、また、「やめて、別の人のファンになること」。「あの子、最近担降りしたんだよ」「そうなんだ? 降り先は?」「Aくん。前からわりと好みって言ってたしね」というように使います。 「アイドルのファンをやめる=担降り」を決めたら、やらねばならん5つのこと “担当”(応援しているタレント。推し)がグループを辞めてしまった、熱愛などショッキングなことがあった、許しがたいキャラ変があったなど、“担降り”に至るトリガーはさまざまですが、“降りる”と決めた場合、やらねばならんことがあります。  それは、“◯◯くん担のあなた”に関わってくれた人たちのケア! スムーズに担降りができるよう、こんなことに気をつけてみてください。

担降りを決めたら一番最初にすること

●“相方”がいる人は、真っ先に相談  いつも連番したり、一緒に遠征するような相方(ヲタ活のパートナー)がいる人は、真っ先に彼女(彼)のことを考えましょう。  いきなり切り捨てるように「私、◯◯担降りるから!」などと突きつけるのは、いただけません。「降りようかな……?」という気持ちが固まりはじめたら、少しずつ「なんか最近、熱が入らないんだ」「ちょっと距離を置いてみようかと思ってる」と伝えるなど、相方も心の準備ができるよう、段階を踏むといいと思います。 ●参戦予定だったライブを見直す  相方と参戦を約束していたライブやイベントをどうするか、見通しを立てましょう。 「◯◯くんの担当は降りるけど、グループとしては好き」「降り先が同グループの別メンバー」なら、“そのまま参戦”もアリ。でも、そうでないなら約束していた公演までは付き合うとか、協力できることがあれば今までどおり協力するとか、対応を決めておくといいですよ。  相方が完全なる“ヲタ友”で、降りたら基本会わない人なのか、リア友でもあるかによりますが、彼女(彼)を尊重した振る舞いをするのがベストです。精算の済んでいないチケット代や、CDなど物の貸し借りがあれば、こちらもスッキリさせましょう。

担当への感謝も忘れずに!

●SNSでサラリと報告 “◯◯担”として参加したり、運用しているSNSがあれば、担降りについてサラリと報告しておくとスマートです。突如“行方不明”になると心配させてしまうし、お勧めしません●グッズや雑誌を整理する  熱心に集めてきた担当のグッズや雑誌。思い切って処分するのもいいですが、なんといっても今まで愛情とお金をかけてきたものです。欲しい人に譲る、新しい担当のグッズと交換するなど、前向きな処遇を考えてみましょう。 ●“担当”に感謝する  どんな思いで“降りる”にしても、彼を応援してきたことで得られた幸せがたくさんあったはず。これについては、「今までありがとう」と胸の中で告げ、気持ちに区切りをつけるといいですね。不満をボヤくことがあってもいいですが、いよいよさよならするときは、ぜひ感謝して美しい別れを。 ======  いかがでしょうか?  とても好きだったけど、何かのきっかけで離れたくなることは、誰の身にも起こりうることだと思います。  あなたがヲタ友から担降りを告げられた場合も、相手を責めたり、ディスったりするのは無益です。おたがい、おだやかに仕切り直せるよう誠実に向き合うこと。  これが、担降りする際の“最後のミッション”ではないかと思います。 <文/みきーる イラスト/二平瑞樹> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
みきーる
ジャニヲタ・エバンジェリスト。メンタルケアカウンセラーⓇ。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ