Lifestyle

夫はアルコール依存症、2人目を産んだ33歳女性の“決断”とは

 女性の“人生のコース”が多様になっている現代。同級生でも、独身バリキャリ、主婦、シングルマザーなど様々だったりしますよね。
母子

画像はイメージです

 例えば30-34歳女性だと、未婚が約34%、夫がいるのは約62%、離婚・死別も約4%います(※1)。また30-34歳女性の月給は、大企業正社員だと約28.2万円なのに、小企業非正規だと約17.7万円(※2)と大違いです。  同年代の女性は、どう生きているのか? 幸せだろうか?……というわけで、『発達障害グレーゾーン』などの著書があるフリーライターの姫野桂さん(33歳)が、同い年の女性をじっくり取材しました。 ※1 平成27年国勢調査 ※2 平成30年賃金構造基本統計調査。月給とは、賃金=毎月の所定内給与(税込、残業手当などは除く)

同じ33歳の女性たちは、幸せだろうか?

 今年で33歳のゾロ目の年齢になる。学生時代に思い描いていた30代はもっと大人で余裕があって、もしかしたら結婚もしているかなと思っていた。それがどっこい、現在の私はフリーライターという非常に不安定な職に就き、独身。彼氏はもう6年もいない。  周りの同い年の女性たちは20代後半あたりから結婚ラッシュが続き、育児に追われている様子がSNSからうかがえる。私だけ取り残されている気がする。みんなどうして普通に働けて普通に恋愛なり婚活なりして結婚にたどり着き、幸せを手にしているのだろう。
姫野桂

姫野桂さん

 私は毎日仕事に追われつつも朝は好きな時間に起きて飼い猫を愛で、このご時世なので飲みにも行けずオンラインで同じく独身の友達とおしゃべりをしている。そこで必ず「みんな結婚していてすごい」「ちゃんとしていてすごい」という独身女の傷の舐め合いになる。  他のゾロ目女性たちは、どのように人生の設計図を手にしていったのだろうか。そこで今回、他の33歳の女性はどんな生き方をしているのか、話を聞いた。

男遊びが激しかったのに、突然結婚した由紀さん(仮名・33歳)の場合

 少し遅れて待ち合わせ場所にやってきた彼女の手を見て驚いた。あかぎれだらけでかさつき、真っ赤になっている。傍らにはもうすぐ1歳になる息子をベビーカーに乗せている。彼女の名は由紀さん。数年前、とあるイベントで意気投合した私たちは定期的に遊ぶ仲になっていた。  見た目はごく普通の小柄でおとなしそうな女性だが、彼女の男性関係は派手で、無職でお金がなかった時代はパパ活をして稼いだり、不倫をしたり、ナンパされた際もノリで連絡先を交換したりしていた。そんなふうに自由に恋愛や男遊びを楽しむ彼女に正直引いた気持ち半分、羨望半分を覚えたことがある。
由紀さん(仮名・33歳)

由紀さん(仮名・33歳)

 開口一番に「その手、どうしたの?」と聞くと「これね、二人目を産んだら体質が変わっちゃって手が荒れるようになっちゃったの。オムツを変えるたびに手を洗うし、今はコロナ対策で一日に何度も消毒をするから余計ひどくなっちゃって」。そして由紀さんはベビーカーの中の赤子に向かって少しふざけた裏声で「あなたのせいだよ~」と話しかけた。  由紀さんは突然結婚した。「出産したよ~。だから結婚もしたよ~」とLINEが来たのは3年ほど前のことだ。いきなり過ぎてびっくりした。いわゆる授かり婚だった。  あんなに遊んでいた由紀さんが出産、結婚とは正直驚いたし、羨ましい気持ちもあった。なぜ遊ばず真面目に生活している私が結婚できず、遊んでいた彼女が結婚できるのか。いや、遊んでいたからこそ恋愛慣れして結婚できるのか。
次のページ 
婚活しまくった末に結婚した相手は…
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ