Love

10年前の“ザ・モテ服”で婚活…34歳女性、男ウケ狙いの逆効果

とにかく男ウケ命! でもそれって正解?

メイク

※写真はイメージです(以下同)

「若い子を好きな男性もいますけどね。でも、本物の20代と若く見せてる34歳がいたら、どちらを選ぶ?」 「本物の20代です」 「そうだよね。あゆみさんも50歳の男性からしたら若い女性だけど、もしその年齢の男性が申し込んできたらどう思う?」 「実際に申し込んできますよ。気持ち悪いしあり得ないですね。断ってます」 「そっか。じゃなんで若く見せようとするの?」 「その方が男性ウケすると思って…」

男性ウケと結婚は別

 あくまで男性ウケを意識するあゆみさん。しかし、それって本当に正解でしょうか? 「男性ウケと結婚って別なんですよ。いろんな男性にモテなくてもいいんです。結婚相手は一人だし。  例えば、お酒を飲める女性に対して、一緒に飲めるからいいと思う男性もいれば、女性の酒飲みは嫌だと思う男性もいますよね。本当はお酒が好きなのに男性ウケを気にして隠す女性って多いんですけれど、別に一部の男性から嫌われたっていいんです。素を出しているほうが合う人は見つかりやすいですよ。あゆみさんはご自分をどういう女性に見せたいのでしょうか?」 「う~ん。一緒にいたら癒される女性かな」 「なぜ?」 「男性って女性に癒しを求めますよね」 「それまた男ウケです」 「あっ、ほんとですね」
次のページ 
自分をさらけ出したら変化が
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ