Lifestyle

大量のダラダラ汗に悩む女性。ニオイ対策するほど臭くなり…

 一気に夏らしくなり、噴き出す汗、汗、汗……。最近では40度を超える日も珍しくありませんが、夏といえばやはり汗対策に気を遣う方も多いのではないでしょうか。
夏

写真はイメージです(以下同じ)

 しかし過剰に気にしてしまった結果、逆効果どころかとんでもない“異臭騒動”にまで発展したケースもあるのです。

登校するだけで、“ヌルッ”と滑るほどの汗が

「夏場はもう常にシャワーを浴びているのかっていうくらい、全身びしょ濡れ状態。大げさに言っているんじゃなくて、すぐ服の色が変わるくらい汗ばむんです」  そう言いながらせわしなくハンドタオルで顔や首を拭く木島里奈さん(仮名・26歳)の悩みは“汗っかき”ということ。とくに太っているというわけではないが、人よりもかなり汗をかいてしまうという体質のため、子供の頃から夏が物凄く嫌いだったそうです。 汗「夏は本当に地獄で、登校しただけで露出している肌の部分を触ると“ヌルッ”と指が軽く滑るくらい汗をかいているんです。服の部分もすぐにしっとりと湿っていて。  そのせいで夏場とはとくに人に触られることに敏感になってしまって、友達に軽く肩をタッチされたり背中を触られるだけでも『ヒィィィ!』と過剰に避けちゃう。それに汗をかくと自分がすごく臭くなる気がして、エレベーターなどの個室にも入れません」

「服の脱水忘れた……?」と友人に言われてショック

 学生時代の“体操着の貸し借り”にも相当トラウマがあるとか。 「ぼ~っとしていて言われるがまま、私が着た後の友達に貸したことがあるのですが……服を持った途端『……脱水忘れた?』と真顔で言われたのが本当にトラウマで。冗談ではなく本当に汗でずしっと重いんですよ。  それ以来服なんか人に貸せないし、平気で貸しあっている友達を見ると、『なんなん、あんたら体から水分一切出ない妖精なの?』と自分とは別世界の人間にしか思えませんでした」 脱水 ほかにも、汗染みを気にして「夏は黒か白のとにかく汗が目立たない色の服しか着られなかった」という木島さん。また、汗と匂いのせいで、夏場はとくに「人付き合いが悪い奴」「気分屋で人嫌い」など誤解されることが多かったそうです。  なんとか改善しようと独学で汗対策に熱心に取り組みますが、いつもそれが裏目に出てしまい、事態はより深刻化します……。
次のページ 
ニオイ対策のはずが、香りを重ねすぎて悪臭に
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ