Fashion

コンビニ用に「小さめエコバッグ」3選。お弁当が倒れないって嬉しい

 2020年7月からレジ袋が有料化され、エコバッグを利用する機会が増えましたね。スーパーやコンビニでもエコバッグが多く陳列され、エコバッグを付録にしているファッション誌も見かけるようになりました。
ベージュが「ポケットecoバッグ」、レッドが「セレクト」のコンパクトエコバッグ、ネイビーが「クルリト」のデイリーバッグ

ベージュが「ポケットecoバッグ」、レッドが「セレクト」のコンパクトエコバッグ、ネイビーが「クルリト」のデイリーバッグ

 特にデザインなど気にせず使っているエコバッグですが、使い分けしていますか? 例えば、スーパーで食料品の買い出しをするときは大きめのエコバッグを持参しますが、コンビニでお弁当を購入するときはそこまで大きくなくてもいいですよね。  そこで今回は、タイプ別にエコバッグを3種類用意し、使い勝手を検証してみます。

カバンの中に常備しておきたいコンパクト感

●セレクト「コンパクトエコバッグ」

28セレクト「コンパクトエコバッグ」34×34×8cm(持ち手含まず、以下同じ)/350円(税込・楽天市場より、以下同じ)×16×18cm/398円

セレクト「コンパクトエコバッグ」34×34×8cm(持ち手含まず、以下同じ)/350円(税込・楽天市場より、以下同じ)

 5種類の柄から選べる、セレクトの「コンパクトエコバッグ」。小さくたたんで収納バッグに入れると10×11.5×1㎝くらいになるので、文字通りコンパクトサイズになります。かさばらないのでカバンの中に常備しておいてもいいかもしれません。外出先で急に買い物をする用事ができたときなど、予想外で持ち帰り用の袋が必要になったときなどに重宝しそうです。
スーパーでのちょっとした買い物でも

スーパーでのちょっとした買い物でも

 収納バッグは、開くと内ポケットとしても使えるのは便利ですね。ただ、マチが狭いので、お弁当の利用には不向きかもしれません。高さがある分、牛乳やワインなどの背の高い商品を入れるにはよさそうです。とはいえ、重たいものを詰め込みすぎないよう注意しましょう。

コンビニ弁当を入れられるマチが◎

●「ポケットecoバッグ」

「ポケットecoバッグ」28×16×18cm/398円

「ポケットecoバッグ」28×16×18cm/398円

 コンビニでの使用を想定しているエコバッグ。見た目お弁当を入れるためのエコバッグだと一目でわかりますね。色はベージュ、カーキなど4色から選べます。
お弁当が倒れない!これは嬉しい

お弁当が倒れない!これは嬉しい

 今まで使っていたプラスチックのレジ袋はお弁当を入れると横にならないか心配しながら持ち歩いていましたが、これは、マチがしっかり縫製されているので、お弁当が横になる心配はなさそう。  マチが広いおかげか、見た目以上に容量がある印象を受けます。コンビニ弁当の利用以外にも、食料品や日用品の買い物にも十分活用できそうですね。背の高い商品は難しいかもしれませんが、500mlペットボトルくらいの高さのものなら入れられるので、予備のエコバッグとして利用してみてもいいかもしれません。  折りたたむと11×12×1cmというコンパクトサイズになります。ただ、最初に紹介したエコバッグとは異なり、収納袋はエコバッグとセパレートするタイプなので、使用中は紛失しないように気を付けましょう。
次のページ 
もう少し容量が欲しいという人には…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ