Lifestyle
Love

どうしても30歳までに結婚したかった女性。スピード婚から破局にいたるまで

離婚後は、一度結婚したことで満足

「結婚を急いでもうまくいくケースはあると思います。だけど私の場合はダメだった。急ぎすぎて相手をちゃんと見てなかったし、結婚したとたんに、あれ、これが目的だったんだっけと妙な気持ちにもなったし。何がしたかったんでしょう、私」  しばらく同居生活を続け、30歳手前で離婚した。あれから3年、彼女は今も独身だ。 「すごくヘンな言い方ですが、あんな結婚でも、一度したことで満足しちゃいました。本当は私、世間体だけを気にしていたのかもしれません。一度結婚して離婚したら、もう誰も『結婚しないの?』と聞かなくなりましたから。免罪符を得たような感じ」  本末転倒ではあるが、彼女の言うことは当たっているのかもしれない。「とりあえず一度は結婚したということで世間から許される」。そんな雰囲気があるのは確かだ。  結婚すること、パートナーとともに歩むこと、それが自分の人生にどういう影響を与えるのか、本当に望んでいることなのか。そういった自分の「結婚への気持ち」は、よく整理しておいたほうがいいのかもしれない。 ―シリーズ「結婚の失敗学~相手選びの失敗」― <文/亀山早苗> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
亀山早苗
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ