Entertainment

V6はジャニーズの“青年会”、会議動画にほんわかしちゃう

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ  愛されて25年。あらためてその安定感に心なごむ、V6のみなさん。変わらずそこにいてくれて、どこか懐かしくて、大人可愛くて。「この存在感って、何かに似ている!」と思ったら、アレでした。町や村の青年会!! V6は愛すべきジャニーズの“青年会”、会議動画にほんわかしちゃう お祭りや催しを盛り上げ、老人会や子供会を引っぱってくれて、青年会とはいっても20代の若造でなく、アラフォー以上の頼れる男子たち……。  そう、V6は“ジャニーズの青年会”っぽいのです。

青年会みあふれるV6会議動画

 くしくも先日、“勤続25年”を記念してLINEスタンプの制作が決まったV6。その企画会議の模様はYouTubeにアップされましたが、それがもう“青年会み”にあふれているのです。  井ノ原快彦さんによる「LINEってみなさん聞いたことありますよね?」というオープニングからして、すでにそれっぽい。「最近LINEスタンプなるものが流行ってるらしいから、うちの町でも取り入れよう」と町の長老からお達しを受けたかのような、落ち着いた風味を感じます。  で、スタンプの制作を告げられても若手のように「キャッホー!」なリアクションを取るでもなく、低音ぎみに「おぉ~!」と喜びを表す兄貴たち。唯一、三宅健さんがはさんだ「ついに来たか!」という高めの声が、きらめいて彩りを添えています。  これを皮切りに“どんなスタンプにするか”ディスカッションが始まりますが、出る案出る案、どれも渋い。「好きだよ!」「愛してる!」みたいなフワフワした言葉は一向に出ず、大人の経験と距離感、各人の個性を採り入れたアイデアがもりもりと出されます。

個性が光るスタンプ案

 グルメに明るい長野博さんは「ごはん行く?」、ダンスの得意な坂本昌行さんは「タップ踏んでもいいですか?」、また、三宅健さんには特技の手話を活かしたものや、グループの“可愛い担当”として「ちょっとあざといスタンプはどうか?」という声が上がりました。  さらに、時代劇の出演が多い岡田准一さんには「かたじけない」など昔の言葉、適当(!?)でお茶目な井ノ原さんには「1のことを10にしてみたよ」といったセリフも薦められ、ミーティングは大盛り上がり!  そんななか、「ごめんなさい」のスタンプが欲しいという森田剛さんは、井ノ原さんに「(現実で)“ごめんなさい”って言ったことある?」と訊かれ、「ないんだよね。(でも)LINEなら言いやすい。スタンプなら言えそうな気がする」と答える愛らしさ。  どうも素直になれないときサポートしてくれたり、“お詫び代行”として使えるスタンプを欲するのは、繊細な大人ならではといえましょう。

スタンプはいつ発売?

 この“V6会議動画”は本当に平和な空気に満ちていて、「美しく年を重ねた男性って素敵だな、こんな彼らに会えてよかったな」という嬉しさに胸が震えます。  ジャニーズにはさらに大人のお兄様がたも、若い少年たちもたくさんいます。そこに、酸いも甘いもかみわけて、子供のようなやんちゃさもちゃんと隠しもっているV6がいてくれることは、何よりも心強いことだと思います。  くだんのLINEスタンプは、Johnny’s Smile Up ! Projectの一環として、9月24日(木)から発売となる模様。はたして、どのアイデアが採用されたのかされなかったのか? しかとこの目で、たしかめたいと思います。 <文/みきーる> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
みきーる
ジャニヲタ・エバンジェリスト。メンタルケアカウンセラーⓇ。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ