Entertainment
Love

「わたナギ」も後押し?30代女性が“普通のおじさん”にハマる瞬間

 2020年に大好評だったドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)、通称「わたナギ」。12月28日には「ディレクターズカット版全話一挙放送SP」の放送も決まっています。
『私の家政夫ナギサさん』

(画像:TBS『私の家政夫ナギサさん』公式サイトより)

 仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性のメイ(多部未華子)が、スーパー家政夫のナギサ(大森南朋)さんを雇うことで、生活も心も整えていくというラブコメディでした。どんな状況でも、メイをきっちり支えるナギサさんの姿を見て、「人生経験が豊富な、年上男性との恋愛っていいかも」と思った人もいるかもしれません。  そこで、今回は「わたナギ」をきっかけに、年上男性の魅力に気づいてしまった女性たちを取材しました。本文では、年上男性のことを敬愛の念を込めて、「おじさん」と呼ばせてもらいます。(※ドラマ最終回のネタバレも含みます。未視聴の方はご注意ください)

婚活中「完全なるおじさん」のとりこになった

 某企業の広報として、メイ同様にバリバリと仕事をこなす美波さん(34歳・未婚)は、婚活中におじさんの魅力に目覚めたといいます。 「仕事は忙しくも充実していて、自分のキャリアにも納得しています。ただ、年齢のことを考えて、そろそろ婚活も始めなきゃと思って、婚活アプリに登録したんです」  婚活アプリに登録した美波さんは、そこで11歳年上のおじさんとマッチングします。 「実はおじさんと同時に、6歳年下の男性ともマッチングしたんです。どちらもとても素敵な男性でした。ただ、おじさんの方が、一緒にいて圧倒的に楽しくてラクだったんです。この話を友人達にすると、『どうせダンディなおじさん、“いけオジ”なんでしょ?』って言われるんですけど、私がマッチングしたおじさんは、ビジュアルも含め完全なるおじさんです
普通のおじさん

写真はイメージです(以下同じ)

 完全なるおじさんってどんな人なんでしょう。 「身長は165センチと言っていたので、わりと小柄なおじさんなのかもしれません。初めてのデートは夏だったのですが、おじさんの無地のポロシャツには汗染みができていました。身なりにそこまで気を使うわけではない、中肉の普通のおじさんです。でも、気付いたときには、おじさんのとりこになっていました」  美波さんは、これまで年上の男性と付き合ったことはなく、それどころか恋愛対象として考えたこともなかったともいいます。一体おじさんのどこに魅力を感じ「とりこになった」のでしょうか。

おじさんとの穏やかな時間は、癒やしそのもの

「おじさんと一緒にいると、女友達と一緒にいるような穏やかな時間が過ごせて、心が安定したんです。おしゃれなレストランではないけど、おいしいお店を知っていて、食事とお酒を楽しみながら身の上話などで盛り上がりました。同年代の男性とデートをするときは、『疲れた顔を見せないようにしよう』『仕事の愚痴は言わないようにしよう』と気負っていたのですが、おじさんは仕事の愚痴も真剣に聞いてくれて、ほど良いアドバイスもくれました。等身大の自分を受け止めてもらえたのが嬉しかったです」  まさに人生経験豊富な、年上男性ならではの魅力を感じます。 女性とおじさん「ドライブデートもしたのですが、おじさんは密室でもガツガツすることはなく、観光スポットをめぐっておいしいものを食べて、ドライブを大満喫しました。帰り際も『じゃあ、また連絡するね』と自宅の前であっさり解散しました。デートって疲れることもあると思うんですけど、おじさんとのデートはただただ癒しの時間でした
次のページ 
「恋とか愛ではなく、一緒にいたい、それだけ」
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ