Lifestyle

妻に浮気された夫、慰謝料請求しても1600万円の赤字になった落とし穴

浮気されたのに…1600万円の赤字

ぼくたちの離婚 Vol.17 結局、谷口さんは離婚裁判を起こし、本人尋問で出廷した明子さんとA夫の前で、最後の切り札だった浮気メールのデータを証拠として提出。それが決定打になって明子さんの不貞が認められ、離婚が成立した。結婚から11年目の終止符。谷口さんは39歳になっていた。 「慰謝料は相場通りで、明子から100万円、A夫から100万円の、合計200万円。ただ、僕としては1600万円の赤字でした……」  その理由は、財産分与と件の婚費だ。夫婦が離婚した際の財産分与は、結婚生活中に夫婦が築いた共有財産をきっちり二等分する。これは、ふたりの収入差や不貞を働いたか否かには、一切左右されない。  共有財産には、結婚“後”に購入したマンションも当然含まれる。谷口さんは親に借金し、マンション価値の半額、預貯金の半額、海外赴任中に発生した婚費2年分を、明子さんに支払った。その後マンションを売却して親に借金を返済し、残りのローンも精算したが、結果として収支は1600万円ものマイナスになってしまったのだ。 「もとを正せば、明子の浮気です。なのに、彼女はたった100万円の慰謝料を支払っただけ。僕が海外駐在勤務になって以降、2年分の婚費をがっぽりせしめていますから、かかった弁護士費用を考えても経済的なダメージは小さい。僕のほうは1600万円もお金を失ったのに……」

「小さい男」だと思われたくなかった

 たしかに酷い仕打ちだが、話を聞いていて疑問がわいた。なぜ共働きなのにローンを谷口さんだけが負っていたのか。しかも、マンションは共同名義だという。すると、驚くべき答えが返ってきた。 「結婚生活中は、ローンだけでなく水道光熱費もすべて僕の負担で、明子には食費相当分として別途月に十数万円を渡していました。つまり、明子は自分で稼いだお金はまるまる自分で使えたんです」  マンションの頭金はふたりで折半したそうだが、結婚して入居した瞬間から、明子さんは共同生活にかかるお金を一切払わなくなったという。にもかかわらず、谷口さんは苦言を呈さなかった。なぜそんな不公平を受け入れたのか? 「その時のことはあんまり覚えてないんですけど、なんか……払ってくれないなあと」  そんな大事なことを、覚えていない? 「波風を立てるのがめんどくさかったんでしょうね。お金のことをぐちぐち言って、小さい男だと思われるのが嫌だったのかも」 「小さい男だと思われたくない」。そのプライドが、谷口さんにさらなる災厄を運んでくることになる。一度目の結婚は、序章にすぎなかった。 <文/稲田豊史 イラスト/大橋裕之 取材協力/バツイチ会> ※続く#2は、12月3日に配信予定。
稲田豊史
編集者/ライター。1974年生まれ。キネマ旬報社でDVD業界誌編集長、書籍編集者を経て2013年よりフリーランス。著書に『ぼくたちの離婚』(角川新書)、『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)、『セーラームーン世代の社会論』(すばる舎リンケージ)。「SPA!」「サイゾー」などで執筆。 【WEB】inadatoyoshi.com 【Twitter】@Yutaka_Kasuga
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ