Lifestyle

カードで月40万円使う暗い妻。「妻は毒親に洗脳されてた」

娘を一生、手元に置いておく方法

 谷口さんは、さらに恐ろしい話を続けた。 「義父は自分の連れ子、つまり葉月の腹違いの姉と兄を、幼い頃からネグレクトし続けていたそうです。その裏では、たぶん義母が糸を引いています。実の娘である葉月を、排他的優位に可愛がりたかったのでしょう。義母は義父までも精神的な支配下に置いていたようです」  その狙いとは? 「義母は葉月を一生手元に置いておきたい。ただ、そのためには、娘と一生暮らしていけるだけの経済力が必要ですよね。そこで義母は考えました。娘と腹違いの姉と兄を、遺産相続の対象から外そうと※写真はイメージです にわかには信じがたいが、彼女はそれを実行する。 「当時、葉月の姉と兄は、葉月の両親と養子関係にありましたが、義母は義父を通じて彼らを説得し、養子関係を切ることに同意させたんです。義父は義母の言いなりだったので、それができました」  これで、両親の財産はいずれすべて葉月さんに行く。経済的な安心感によって、娘を囲ったわけだ。

「僕は資金源として利用された」

「義母が葉月の結婚相手として僕にOKを出したことにも、説明がつきます。僕は名の知れた大手電機メーカー勤務ですから、高給取りであることは想像がつく。つまり、子供を作って離婚してしまえば、子供が成人するまで養育費ががっぽり取れる。養育費の金額は義務者、つまり僕の収入に比例しますからね。葉月が働きに出なくても、親子の定収入が高め安定で約束されるんです。僕は、義母が娘を一生囲うための資金源として利用されました」  葉月さんに離婚を決意させるため、葉月さんの母親は、葉月さんが帰国してから1ヶ月の間に、谷口さんに対するすさまじい悪口を吹き込んでいた。 「義母は、僕がクスリをやっているとか、勤労意欲がないとか、性的嗜好に関して……口にしたくもない中傷を、裏で葉月に吐き続けていたみたいです。すべて根も葉もない嘘ですが、葉月はそれを信じた。かつて葉月の友達を排除したのと同じ方法、マインドコントロールです」 しかし、現在の谷口さんの苦悩は、お金のことではない。 「子供の親権がね、どうしても取れないんですよ」 <文/稲田豊史 イラスト/大橋裕之 取材協力/バツイチ会> ※続く#3は、12月7日に配信予定。
稲田豊史
編集者/ライター。1974年生まれ。キネマ旬報社でDVD業界誌編集長、書籍編集者を経て2013年よりフリーランス。著書に『ぼくたちの離婚』(角川新書)、『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)、『セーラームーン世代の社会論』(すばる舎リンケージ)。「SPA!」「サイゾー」などで執筆。 【WEB】inadatoyoshi.com 【Twitter】@Yutaka_Kasuga
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ