Gourmet

あの超人気アイス店から生まれた新ブランドとは?【実食リポート】

 コンビニアイス評論家、アイスマン福留です。  今回は、コンビニアイスではなく、今の季節にぴったりの爽やかテイストのフローズンヨーグルトをご紹介します。お店の名前は、「COLD STONE FROZEN BAR(コールドストーン フローズンバー)」。 コールドストーン フローズンバー フローズンヨーグルト 名前でお気づきになったでしょうか。そう、あの人気のアイスリームショップ「コールド・ストーン・クリーマリー」の新ブランドなのです。 「コールド・ストーン・クリーマリー」は、2005年に日本に上陸したアメリカ発のアイスクリームショップ。マイナス9℃に冷やした石板の上で、歌いながらアイスクリームにフルーツやナッツをミックスインしてオリジナルのアイスクリームを作ってくれるユニークなスタイルが特徴の人気アイスクリームショップです。  そんなコールドストーンが、フローズンヨーグルト専門店「コールドストーン フローズンバー」 第1号店を、6月19日(木)にオープン! 場所はイオンモール幕張新都心。  ということで、さっそく実食に行ってきました。 ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=104872 フレーバー:国産いちご「コールドストーン フローズンバー」とは、フローズンヨーグルトを、さまざまな季節のフルーツと一緒に、その場でブレンドして提供する新しいスタイルのスイーツショップ。  こだわりは、フローズンヨーグルトに生きた乳酸菌がそのまま入っていること。フローズンヨーグルトに使われているオリジナルのヨーグルトはとっても濃厚。生きた乳酸菌はそのまま腸に届くので、おいしいだけではなくカラダにもうれしい。  フレーバーのほとんどは、旬の果実を使ったフルーツフレーバーです。季節のフルーツは厳選された旬の素材のみを使用しているとのこと。  たしかに”果実のフレッシュ感”がすごい。乳酸菌だけでなく、フルーツも生きています。何というか、ホンモノの果実の味わいですね。 フレーバー:バナナ フレーバーは以下の通り。 ●国産いちご 国産の紅ほっぺを使用。ヨーグルトの風味と相性抜群。シャリシャリの果肉がたっぷり。 ●バナナ バナナをたっぷり使用していて濃厚。 とにかく素材感が抜群。バナナ特有の酸味も感じられる本格派の味わい。 ●ブルーベリー 色も鮮やかで味も濃厚。 甘酸っぱくて濃厚なブルーベリーの風味は、一度食べたらクセになるおいしさ。 ●ベリーベリー チリ産のブルーベリーとラズベリーを贅沢に使用。 甘みと酸味のバランスが絶妙。ダブルベリーの深い味わいはベリー好きを裏切りません。 ●マンゴ タイ産マンゴを使用。 今の季節には外せない人気のマンゴーフレーバー。タイ産マンゴを使用しています。 ●北海道産クリームチーズ 北海道産クリームチーズ使用。なめらかな食感とクリームチーズ特有の 深いコクはリピート必至。果実系が並ぶ中で唯一の乳系フレーバー。  サイズと価格は、シングル320円/ダブル530円 ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=104876 各種フレーバー  食べた感想としては、とにかく果実はフレッシュで、ナチュラルな味わい。今まで、フローズンヨーグルトをなめてました……ごめんなさい。  濃厚なヨーグルトの風味とフルーツの相性は抜群。果実をそのものをすりつぶし、たっぷりと混ぜ込んだ感じです。味だけでなく、果実のつぶつぶ感も楽しめるヨーグルト。  もっというと、フローズンヨーグルトの中にフルーツが入っている感じではなく、ヨーグルトとフルーツが一体になっているイメージ。これは、一度食べておいた方がいいですよ。  きっと、フレーバーは今後どんどん増えていくのでしょう! 楽しみです。 【アイスマン福留】 年間約1000種類のコンビニアイスを食べ、情報サイト「コンビニアイスマニア」を運営。今まで存在しなかった「アイス評論家」を勝手に名乗り、多くのメディアに取り上げられる。著書に『バカが武器』 ―アイスマン福留の「コンビニアイスマニア」女子SPA!出張版(22)―
アイスマン福留
年間約1000種類のコンビニアイスを食べ、情報サイト「コンビニアイスマニア」を運営。今まで存在しなかった「アイス評論家」を勝手に名乗り、多くのメディアに取り上げられる。著書に『バカが武器
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ