Lifestyle

飲み会でベロベロになり、目覚めると警察に…。捕まった理由にドン引き

 今年は外出もままならない師走を迎えますが、例年であれば忘年会シーズン真っただ中で、一年の中で最も飲み会の回数が増える時期です。そんな飲み会には「トホホ」なエピソードがつきもの。皆さんにも苦い経験があるのではないでしょうか?
年末の飲み会でベロベロに、目が覚めると拘置所にいた

写真はイメージです(以下同)

 2年前に地方の公立大学を卒業し、都内の大手ゼネコンで新米経理マンとなった大橋登さん(仮名、20代男性)もその一人。

大学の追い出しコンパでベロベロに

「大学では、文化系のサークルに所属していました。3年生のときには、幹部を経験したこともあり、当時はよく飲みに行っていましたね」  そのサークルでは、毎年のように4年生のための“追いコン(追い出しコンパ)”が12月の中旬に開かれていたそう。大橋さんも4年生になり、ついに“追い出される”立場に。 「追いコンの直前に、やっとのことで秋採用の会社に滑り込んだんです。思っていたより就職活動が長引いてしまい、結構ストレスが溜まっていたのか、最初からハイペースで飲んでいました

飲みすぎて記憶をなくす

飲みすぎて記憶をなくす お酒を飲むペースはどんどん進み、2次会の終わり頃にはすっかりできあがった大橋さん。 「4年間一緒に過ごした同級生や、かわいがっていた後輩と飲んでいたので、ものすごくテンションが上がっていました。多分、一気飲みも調子に乗って何度か(苦笑)。案の定、2次会以降の記憶は、全くなくなってしまいました」  その後も何人かと飲み歩いていたものの、次第に人数も減っていき、最後は彼一人になったといいます。 「『もう一軒行く!!』 呂律が回っていないそのセリフを永遠に繰り返してたそうなんですけど…。気づくと、思いもよらないところにいました」
次のページ 
目が覚めると留置場にいた
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ