Lifestyle

ブラック企業の忘年会、“社内M-1”でスベっても地獄、ウケても地獄?!

 年末の社内行事といえば、忘年会。今年は新型コロナウイルスの流行で見合わせる企業も多いと思われますが、取りやめが決まって喜んでいる人も少なくないのではないでしょうか。  とくに、ブラック企業だった場合は、忘年会まで真っ黒だったりするようで…。
忘年会

写真はイメージです(以下同じ)

ブラック企業の忘年会は毎年苦痛

 芳子さん(仮名・38歳)は、現在は比較的ホワイトな会社で働いているそうですが、3年前まで勤めていたところはまさにブラック企業だったそうです。 「社長が好みの女性だけ選んで出世させたり、そのためには休日の飲み会なんかに突然呼び出されても必ず行かなきゃいけなかったり。断ったら何の仕事もさせてもらえなくなった人もいましたね」  被害は女性だけにとどまらず、男性社員たちも社長の思いつきでゴルフや野球、キャンプに駆り出されていたとか。平日に突発的に行われることも多く、お遊びが終わった後で会社に戻って朝まで仕事をする、そのせいで休日返上になり1ヶ月休みがないなどもザラだったそうです。  そんな中、最も芳子さんが苦痛に感じていたのが毎年盛大に行われる忘年会だったとか。

最悪な忘年会。社内M-1グランプリも

「200人くらいは収容できる、カラオケの大きなパーティールームを借り切って行われていました。社員はグループ会社も合わせて80人くらいだったかな。  何がヤバいって、この忘年会は5時間くらいやるんですよ。ものすごく飲まされて、社員たちが酔っぱらう姿を見て上層部の人たちが楽しそうに笑ってるっていう何の得もない時間でしたね。それに必ずといっていいほど、幹部の役員がテキーラをあおって暴れるんですよ。幹部同士が暴力沙汰になって警察が呼ばれたこともありました……」  平社員からすれば地獄のような忘年会です。さらに、メインの催し物として男性社員はほぼ強制参加という社内M-1グランプリ的な大会が開催されていました。 「これがまた曲者(くせもの)で、参加費が5000円くらいとられるんですよ。ただ、優勝したチームは全額を懐に入れられるシステムでした。優勝さえすればオイシイんですけど、すべった時のダメージは計り知れません」
次のページ 
体を張って笑いをとっても…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ